主役の初体験、私が奪っちゃいましたネタバレ23話|ゼロニスのリプリーへの気持ち

【主役の初体験、私が奪っちゃいました】
ネタバレ記事まとめはコチラ↓
https://www.lockergakuen.jp/syuyakunohatutaiken-matome/

主役の初体験、私が奪っちゃいましたネタバレ全話|最新話から最終話まで
...

マンガ「主役の初体験、私が奪っちゃいました」の23話ネタバレをご紹介していきます。

ヘイリー男爵への投資の件は全くリプリーとは関係が無いことでした。

そのことを説明されたリプリーは自分の行動を恥ずかしく思い、すぐさま謝罪します。

すると何故謝ったのか疑問に思うゼロニス。

なぜ今はすぐに謝ったのに、この前は嘘をついたことを謝ってくれなかったのかを聞きます。

スポンサーリンク

\ 1350円分タダで読める! /
漫画を無料で読むならコミック.jp
無料登録から30日間は完全無料!

主役の初体験、私が奪っちゃいました23話のネタバレ

前回22話のおさらい

・怒ったリプリーはイングリード邸へ押しかける
・長時間待たされ思わず寝てしまう
・目が覚めるとゼロニスがいた
・腹いせで投資の撤回をするなと伝える
・ゼロニスから勘違いをしていると言われる

主役の初体験、私が奪っちゃいましたネタバレ22話|ゼロニスに会えず待たされ続けるリプリー
...

>> 22話ネタバレはこちら <<

主役の初体験、私が奪っちゃいました23話のネタバレ

投資話の撤回はリプリーと全く無関係と判明

 
リプリーに対し大きな勘違いをしていると話すゼロニスはその理由を挙げていきます。

リプリーの言う通りだとしても自分を責めるのは筋違いだということ、乗り込んできたのだからまずは文句を言う前に謝罪するべきではないのか、自分は仕事に私情を挟む人間ではない。

投資話を断った理由とは、物資を早く運べるものの海賊が出没するルートを提案され、リスクが大きいからと感じていたからでした。

反対にジェンキンソン伯爵に提案されたのは、遠回りになるものの安全なルート。

ハイリスクハイリターンな提案ではなく安定的な提案を呑むことにしたのが理由で、そこには全くリプリーは関係ありません。

その話を聞いてリプリーはエトワールに止められたことを思い出し、自分の行いを恥じるのでした。

話を理解したリプリーは、自分の思い込みで勘違いをしたことに恥ずかしさを感じ、ゼロニスに謝罪します。

しかしゼロニスは、伯爵令嬢でもあるにもかかわらず何故簡単に頭を下げるのかと質問を投げかけます。

それは自分が悪いからだと答えるリプリー。

するとゼロニスは、先日は何故嘘をついたことを謝らなかったのかを聞きます。

どう説明して良いか分からなかったこともあり、リプリーは思わず黙ってしまいます。

悪いと思っていないのかを聞かれたリプリーは、いけないことだと分かっていた、公爵をだまそうとしていたと話します。

なぜ自分をだまそうとしたのかを聞くゼロニス。

リプリーは正直に、ゼロニスと結婚したくなかったからだと返します。

初めて会ったときに責任を取れと結婚を迫られたリプリーですが、その夜のことをあまり覚えていません。

強引に結婚を迫られて、なんとかやめさせる為に嘘をついたと話します。

そのことをずっと話そうとしていたのにゼロニスが聞く耳を持ってくれなかったことを訴えますが、ゼロニスはそんなリプリーの気持ちには気が付いていました。

だからこそ、今までのリプリーの作戦に気が付きながらも無理に押し通してきたゼロニス。

ゼロニスはリプリーを手放すつもりはないと答え、キスをします。

リプリーはいったい何者なのか。

今まで自分を裏切った人間に対して罰を与えたりしてきたのに、自分はリプリーを欲している。

頬を赤らめながらゼロニスはそう話すのでした。

エトワールをプロデュース

名前を呼ばれてハッとするリプリー。

リプリーはエトワールと話をしている最中でした。

エトワールの継父であるヘイリー男爵はジェンキンソン伯爵の船のお披露目パーティーに招かれています。

その招待状を送ってきた伯爵はローゼの父親です。

競争で負けた相手に船を自慢しようとするのは性格が悪いと、リプリーはイライラします。

また、原作ではローゼとエトワールの間にいざこざが起きる為、リプリーはいかないほうが良いと忠告をします。

エトワールもその意見に同意しますが、話によると男爵自身は船を確かめたいと言っているそう。

その為エトワールも付き添いで参加することになったようです。

リプリーは別の作戦を実行しようと、着ていくドレスを決めたのかを質問します。

以前リプリーは、友達同士であれば服を貸し借りするものだと話していました。

そしてその時がようやく来たと言います。

シルビアにドレスとアクセサリーを見せるように頼むリプリー。

するとすかさず目の間には沢山のドレスやアクセサリーが並びます。

いつかのリプリーのように、エトワールもその光景を見て感動するのでした。

パーティー当日、辺りはすっかり暗くなっています。

会場に現れたエトワールの姿を見た周りの人たちは、その美しさにざわついています。

その姿を離れていたところから見ていたリプリーは、自分のことのように自慢げです。

スターを育てたマネージャ―のような気分だと思いながら、目が合ったエトワールに手を振り返すリプリー。

すると気が付くと、目の前にゼロニスが立っていました。

あの日以来久しぶりに会うと緊張気味のリプリーですが、すかさず笑顔で挨拶をします。

しかしなぜかゼロニスはジト目でリプリーのことを見つめるのでした。

主役の初体験、私が奪っちゃいましたネタバレ24話|ローゼの行動が酷くて
...

>> 24話ネタバレはこちら <<

各話のネタバレ一覧

11話12話13話14話15話
16話17話18話19話20話
21話22話23話24話25話
26話27話28話29話30話
31話32話33話34話35話
36話37話38話39話40話
41話42話43話44話45話
46話47話

主役の初体験、私が奪っちゃいました23話の感想

破談になったと思ってたけど実際は大好きだった

ゼロニスは非道な性格と言われていた為、今回の投資の撤回についてもリプリーと関係があったのかと思っていましたが、実際は全く関係ありませんでした。

なんなら罰を与えると言っていたのにも関わらず、リプリーのことが好きな様子です。

破談にはなっていなかったようで安心しましたが、久しぶりにパーティーで再会したゼロニスの表情はなんだか微妙な様子……。

結局結婚はするの?本当にリプリーのことが好きなの?と、訳が分からなくなってしまいました。

ジト目のゼロニスの表情の理由はいったい何なのでしょうか。

いつもと違った印象になったエトワール

以前リプリーはエトワールにドレスを貸すと約束していましたが、今回ようやく叶うことになりました。

大量のドレスとアクセサリーを見た時の表情は、転生したばかりのリプリーの表情にそっくりです。

同時に、エトワールはドレスやアクセサリーなどをあまり持っていないということが分かります。

自分の為にはお金をあまり使わないのにも関わらず、リプリーが怪我をした際にはたくさんのプレゼントをしてくれたので、今回はそのお返しができたと言っていいでしょう。(一応奉仕活動という形で遠回しのお返しはしていますが……)

いつもの服装とは違ってとても華やかで、皆が見惚れてしまうのも分かります。

主役の初体験、私が奪っちゃいましたを無料で読める配信サービスはどこ?

引用:LINEマンガ

『主役の初体験、私が奪っちゃいました』を無料で読むことができる電子書籍配信サービスはあるのか調べてみました。

サービス名特徴
【コミック.jp】30日間無料

\ 初回登録で1350ポイント /
コミック.jp公式サイトへ
【U-NEXT】31日間無料
2,189円(税込)/月
\ 600ポイント付与 /

U-NEXT公式サイトへ
【まんが王国】
月額料金なし(課金制)
\ 50%ポイントバック /
マンガ王国公式サイトへ
【コミックシーモア】読み放題:7日間無料
780円〜(税込)/月
\ TL漫画が豊富 /
コミックシーモア公式サイトへ
【ebookjapan】
月額料金なし(課金制)
\ 初回半額クーポンあり /
ebookjapan公式サイトへ

【主役の初体験、私が奪っちゃいました】を無料で読む方法がないか探してみましたが、対象のサービスはありませんでした。しかし、【ファンタジー・SF系】の恋愛漫画はコミック.jpでも読むことができます。今なら初回登録時に必ずポイントがもらえるので、有料作品も1350円分無料で読むことができるのでおすすめです!

  • 電子書籍で漫画を読むことが多くなった!
  • 他の配信サービスで読みたい作品が有料で迷っている…
  • 動画はいらないし、漫画だけ読めればいい!
  • 無料漫画も読みたい!

そんな漫画に一途な方のための配信サービスとなっています。

最近、ドラマ・映画化された話題作の原作もこちらで読むことができます。

特別キャンペーン実施中

上記特別キャンペーンの内容は、コミック.jpの特別オファーのため、以下のボタンから無料登録された方限定の特典となりますのでご注意ください(通常オファーとランディングページが異なります)

\ 詳細はこちらでチェック /
コミック.jp公式サイト
30日以内の解約で完全無料!

error:右クリックは禁止されています。
タイトルとURLをコピーしました