死役所ネタバレ70話|信じてもらえないシ村!真犯人への想いとは!?

漫画「死役所」の第70条のネタバレをご紹介していきます。

シ村が冤罪のまま死刑になった過去の話。

美幸を殺害した犯人と疑われ、留置所に入れられたシ村。

シ村を犯人と決めつけ、暴言と暴力を繰り返し自白させようとする刑事。

シ村は体も心もボロボロになっていきます。

そしてついにシ村は耐えられなくなり…

スポンサーリンク
シルバーウィークは『読み放題』サービスがオススメ!

2021年9月18日からの長期休暇がはじまりましたね。みなさんはどんなことをして過ごされますか(^^)?


漫画がちょーーーーーーーーー大好きな私は、シーモア読み放題【漫画が読み放題なサービス】で、色々な作品を読んでく予定です♪
(コーヒーを飲みながら少女漫画を読むのが至福の時間なのです...)


はじめて利用される際は、無料お試し体験(7日間)があるので、ぜひ試してみてくださいね(個人的に超オススメです!)


無料お試し体験で使ってみる!
>> コミックシーモア公式サイト <<
※7日間以内の解約で月額料金は発生しません。

死役所第70条ネタバレ

前回第69条のおさらい

・美幸の殺害現場にて第一発見者となったシ村
・警察や刑事から何度も同じことを聞かれ疲れてしまう
・シ村を怪しむ刑事は聞き込み調査をする
・美幸が殺害されたことを幸子に伝えようと加護の会に行く
・置手紙を見せられ、ここにはいないと説明される

死役所ネタバレ69話|第一発見者の宿命!シ村は再び加護の会へ
...

死役所第70条ネタバレ

信じてもらえないシ村

留置所に入れられたシ村。そこへ盗みを5回も繰り返したおじさんが入ってきます。

犯罪者扱いをされ、身体検査を受けたシ村。左足の青じみについて問われ、刑事に蹴られたことを説明するも流されてしまいます。

取調室にて、刑事から「お前が美幸ちゃんを殺した、思い出せ。」と言われ続けます。

加護の会に行っていたからアリバイがあると説明しますが、会社を出てから加護の会に来るまでの時間が合わないと言われます。

シ村は仕事が終わり、加護の会へ向かう途中に転んでしまい、靴も壊れたため一度家に帰って着替えていました。

しかし、そんなことはありえない。

殺す為に帰ったんだろ。」と信じてもらえません。

また、加護の会で妻を返してもらえないことに怒り、蓮田さんを殴ったことも刑事は知っていました。

気に入らないことがあると殴るんだなと責められます。

そして「お前が座っているのは懺悔の椅子だから、悔い改めないといけない。

姿勢を正せ!」と怒鳴られ、足を何度も蹴られます。

別の刑事からは美幸ちゃんに手をあげることはなかったかと聞かれ、叱っても手は出していないと言い切ります。

すると本当に愛情がなかったんだな、親ならちゃんと躾をするから手をぺしっと叩くとかするぞと誘導されます。

それくらいは…と認めると刑事は「それで叩いて土を食べさせ、殺したんだ」と決めつけたまま譲りません。

そして刑事が夕食だと土を持ってきます。娘は食べたのにお前は食べないのか、と。

洗脳され認めてしまうシ村

留置所に戻ったシ村はぐったりして「どうしたら信じてもらえるのか、殺していないのに」と悩みます。

同室のおじさんがいい方法があると教えてくれます。

「罪を認めるんだ。」

シ村はため息をつきますが、おじさんは詳しく説明します。

「警察は頭が固く絶対に諦めないから、検察で本当のことを話せばいい」と。

そして子殺しは死罪だともいわれます。

親殺しは死罪になりますが、娘を殺して死罪になるとは聞いたことがなかったシ村。

長引くと死罪に近づいてしまう、今なら免れるぞとおじさんに諭され考え込むシ村。

次の日も取り調べは続きます。

相変わらず冤罪を疑わず、お前が殺したんだろうと責め続ける刑事。

毎日のように「お前が殺した、ひどい親だ」と言われ続けたため、洗脳されおかしくなったシ村。

美幸の顔すらわからなくなってしまいました。

そして、死役所でのあの笑みを浮かべながら「はい、私が殺しました。」と認めたのです。

冤罪であるにも関わらず。

金子さんの慰めと真犯人への思い

死役所にて、「自分で道を選んだと言うが、それは選んだとは言えない」と言われるシ村。

嫁とは会えたのか?と聞かれますが、シ村は無表情で黙ったまま。

「手錠をかけられ、腰縄を結ばれ、裸にされ、何度も蹴られて罵られて、すべて私が悪いんだと思いました」そう呟くシ村に、娘を殺された上犯人の罪まで着せられたらおかしくなるのも当然だと金子さんは言います。

シ村は何度も娘を殺す夢を見ていました。そして妻のことは愛していたが、娘のことは愛していたかわからないと話します。

金子さんは、お前は警察に洗脳されたんだから何も悪くないと慰めます。

そして生きているうちに会って話したかったと言われ、シ村は光栄だといつもの笑顔を取り戻します。

もう死刑は執行されてしまい、事件から随分と時間も経ったため、悔しいのかもわからないシ村。

金子は辛かったなと声をかけます。その後成仏課へと向かう金子さん。

真犯人は今でものうのうと生きているのか、他の事件を起こして死刑になっているのだろうかと考えます。

書庫にして成仏申請書を見るシ村。

市村美幸のページを見つめます。そこへ松シゲが現れたため、シ村は言葉を濁しながら書類をしまい退室します。

冷たい目で松シゲを睨みながら。

死役所ネタバレ71話|記憶のない真名人と過去!2人にとっての普通とは
...

各話のネタバレ一覧

15巻16巻17巻18巻19巻
66話67話68話69話70話
71話72話73話74話75話
76話77話78話79話80話
81話82話

死役所70話の感想と考察

真犯人は誰なのか

ほんとひどい刑事ですね。第一発見者ということで、アリバイがなければ犯人だと決めつけて。

刑事からの洗脳により冤罪を受け入れてしまったシ村。自分の感情を閉じ込めたから、あの固まった笑顔なんですね。

それにしても、最後の松シゲさんへの視線は恐怖でした。

金子さんが考えているように、もしかしたら死役所の職員の中に美幸を殺した人がいると疑っているのではないかと思います。

シ村は真犯人を見つけることと、幸子に会うために総合案内にいるのかもしれませんね。

error:右クリックは禁止されています。
タイトルとURLをコピーしました