死役所ネタバレ69話|第一発見者の宿命!シ村は再び加護の会へ

漫画「死役所」の第69条のネタバレをご紹介していきます。

シ村が冤罪のまま死刑になった過去の話。美幸の殺害現場にて第一発見者となったシ村。

何人もの警察関係者から同じ質問ばかりされて疲れてしまいます。

そしてある刑事はシ村の言動を見て、犯人ではないかと疑い始めます。

シ村は娘が亡くなったことを幸子に伝えようと加護の会へ再び訪れますが…

スポンサーリンク
シルバーウィークは『読み放題』サービスがオススメ!

2021年9月18日からの長期休暇がはじまりましたね。みなさんはどんなことをして過ごされますか(^^)?


漫画がちょーーーーーーーーー大好きな私は、シーモア読み放題【漫画が読み放題なサービス】で、色々な作品を読んでく予定です♪
(コーヒーを飲みながら少女漫画を読むのが至福の時間なのです...)


はじめて利用される際は、無料お試し体験(7日間)があるので、ぜひ試してみてくださいね(個人的に超オススメです!)


無料お試し体験で使ってみる!
>> コミックシーモア公式サイト <<
※7日間以内の解約で月額料金は発生しません。

死役所第69条ネタバレ

前回第68条のおさらい

・里帰りしている娘のためにアイスを買いに行く牧田さん
・牧田さんは煽り運転をしていた4人の若者の車に巻き込まれ亡くなる
・牧田さんに謝ることもせず、お互いを責める3人の若者
・1人生き残った若者は反省している様子もない
・金子さんに自分自身の可能性について聞かれるシ村

死役所ネタバレ68話|牧田さんの死亡事故について弟に事情聴取!シ村の選んだ道とは
...

死役所第69条ネタバレ

第一発見者の宿命

「第一発見者というのは大変ですね」と同じく冤罪だった金子さんと語るシ村。

第一発見者になると、名前や住所、被害者との関係性などを警察が入れ代わり立ち代わり、同じ質問を投げかけてくるのです。

仕事とは分かっていても、目の前で人が亡くなっているので精神的に辛いですよね。

金子さんは「警察はこっちの事情なんかお構いなしの馬鹿、警察も検察も裁判官も嫌いだ」と言います。

シ村は娘の美幸の第一発見者になってから、地獄を味わっていました。

第一発見者となったシ村

娘の殺害現場に警察が来て、第一発見者であるシ村に状況を確認します。

加護の会に行ったことは話さず、鶏の様子を見ていて振り返ると娘が倒れていたと説明します。

奥様はどこかと聞かれ、入院中とごまかしますが病院名を聞かれてしまいます。

そこで正直に1週間前から家出をしていると話します。

すると、今度は刑事がやってきて話が聞きたいと言います。

今話したと説明しても、もう一度と同じことを聞いてきます。

娘との関係性や妻のこと。

そしてシ村が仕事の間は近所の野田さんに娘を預かってもらっていたことも。

殺害されたその日も、いつも通り預かってもらっていました。

妻のことについても詳しく聞かれます。どこにいるのか心当たりすらないのか、と。

そして刑事に「辛いでしょう。愛する娘さんがこんな目に遭って」と言われたシ村は「え?あ、はい。」と返します。

その返答を怪しむ刑事。

その後シ村は娘の今後について刑事に聞きます。

すると死因究明のために司法解剖をする、絶対に必要なことだと説明されます。

シ村は娘の偏食についても不安があったのでしょう。

まさか娘が望んで土や絵の具を食べていたなんて理解されませんからね。

娘をあれ以上傷つけるなんて…と話すと、刑事は冷たい目で「解剖されたらまずい理由でも?」と聞きます。

シ村は渋々協力することにしました。

嫌なことばかり聞かれて疲れたシ村のもとに、別の警察が第一発見者の方ですか?とまた話しかけます。

シ村を怪しみながら、近所の野田さんに事情聴取しに行く刑事たち。

野田さんはシ村から妻は入院中と聞いていたため、家出していたことに驚きます。そして、美幸ちゃんは4時頃友達と遊びに行き、その後友達のみが帰宅して美幸は自分の家に帰ったらしいと説明します。

てっきりお父さんが迎えに来たと思い何も疑わなかったと。

刑事からシ村について聞かれた野田さん。穏やかで優しい人だと説明すると、何か気になることはなかったかと刑事は詳しく問いかけます。

野田さんは「ええと、そういえばご飯を…」と話します。

シ村は再び加護の会へ

加護の会のもとへ来たシ村。今日はどうしましたかと女性が出てきます。

「娘が死にました。妻を連れて帰ります」と伝えるシ村。

妻に説明したいから会わせてくれと。女性は少し待つように言い、バタバタと建物へ入っていきます。

女性を待つ間、シ村は思い出していました。

幸子は美幸が死んでしまうなんて嫌だと、死に恐怖を抱いていたことを。

幸子へ美幸が死んだことをどう言おうかと悩むシ村のもとへ、女性が幸子の書き置きを持ってきます。

『でていきます。さがさないでください』

確かに幸子の字で書かれた手紙。

女性から、幸子のことを探したが今朝方には姿がなかったと言われます。

少し沈黙が流れ、その後度々申し訳ありませんと頭を下げるシ村。そして自分が殴ってしまった蓮田先生の具合を心配します。

大丈夫ですと言われ、謝罪の言葉を告げます。女性は「娘さんは…本当に…」と聞きます。

冗談でこんなことは言えないと無表情のシ村。

「娘を死なせない為にここに来たのに本当に残念です」と言い去るのでした。

死役所ネタバレ70話|信じてもらえないシ村!真犯人への想いとは!?
...

各話のネタバレ一覧

15巻16巻17巻18巻19巻
66話67話68話69話70話
71話72話73話74話75話
76話77話78話79話80話
81話82話

死役所第69条の感想と考察

シ村にかかる疑いの目は晴れるのか?

目の前で娘が亡くなったというのに、警察は淡々と仕事を進めるものなんですね。

そんな現場に居合わせたら、まともに会話できないのではないかと思ってしまいます。

辛いでしょうと聞いてきた刑事は、シ村が殺したのではないかと疑っているようです。

このまま疑いが晴れるのか心配です。

シ村が殺したという証拠がない限り、捕まらないと思いますが、真犯人がシ村が殺したように見せる決定的な証拠を残したかもしれませんね。

真犯人の目的とは?

真犯人は何を目的に美幸を殺害したのかも気になりますね。

幸子が加護の会に入り浸ってしまったことと関連しているのであれば、加護の会の人が殺したのではないかと考えてしまいます。

幸子を取り戻すために何度も訪れるシ村が邪魔だったとか。

真犯人が早く見つかると良いですね。

error:右クリックは禁止されています。
タイトルとURLをコピーしました