俺だけレベルアップな件ネタバレ116話|ギルド名を決めた旬のもとに騎士団ギルドが…

漫画「俺だけレベルアップな件」の116話のネタバレをご紹介していきます。

ギルド名を決めた旬、大阪ではA級の最大値ゲートが出現し騎士団ギルドは頭を抱えていた。

一方とある学校の中にゲートが出現し悲劇が起こる…

今すぐおトクに読むなら
U-NEXTが断然おすすめ!
全巻試し読みもできます☆

\ 無料お試しで600ポイントGET!! /
『俺だけレベルアップな件』を
U-NEXTで無料で読む

31日以内の解約で完全無料!

スポンサーリンク

漫画 俺だけレベルアップな件116話のネタバレ

前回115話のおさらい

  • アメリカハンター管理局が旬を「王」と認識
  • 旬の覚醒した力にはリミッターがない
  • 地下24階に保管されているカミッシーの死体
  • カミッシーの死体からルーン石が出てきた
  • 一人、部屋で「告白した…」と悶えている雫

俺だけレベルアップな件116話ネタバレ

大阪に巨大ゲートが出現

騎士団ギルドの縄張りに突如現れた巨大ゲート。

ゲートの等級がA級の最大値、つまりほぼS級であるため、五大ギルド内唯一A級ハンターまでしかいない騎士団ギルドは頭を悩ませていた。

色々な案が出る中、「ギルドではなく個人に依頼してみては」と声が上がった。

そう彼らには頼れそうな人、つまり水篠旬がいたのだ。

騎士団ギルドのマスターは、直接話をするために東京へ向かいました。

ギルド名を決めた旬のもとに

旬はギルド名を「我進ギルド」に決めた事を、メンバーの諸星に伝えたのだ。

ソロプレイでなければ何でもいい諸星は、「我進ギルド」に賛同したのであった。

ギルド名が決まった旬は、もう一人の創立メンバーについて諸星に話をしていた。

諸星は「向坂ハンターはどうなったんですか?」と聞くと、向坂ハンターは求めているイメージと違うため却下された。

向坂ハンターを押していた諸星は眉間にしわを寄せて悩んでいた。

その時ドアのノックがなり、開けるとそこにはひきつった笑顔の騎士団ギルドマスターが立っていたのだ。

騎士団ギルドとの共闘交渉

騎士団ギルドのマスターは大阪にできたゲートについて説明をして、旬に攻撃隊と合流してほしいとお願いをした。

もちろんギャラは弾む旨を説明し2:8の割合にすると伝えたが、旬は5:5と対等な契約を求めた。

強気な態度に冷や汗かきながら、ボス級モンスターを旬に任せると条件を加えて了承したのであった。

ゲートが出現してから時間がたってしまっているので明日潜ることになった。

翌日ゲート前に集まる騎士団ギルド、しかし5分前なのに東京にいる旬。

東京の雨が降りそうな空模様をみて妹の心配をする旬は、そろそろ行こうと「影の交換」を使用しゲートへと向かった。

学校でゲートが…

とある学校、美術の先生に頼まれて3人の男子生徒達は最近使われていない美術室へと物を取りに来た。

すると3人は美術室内にゲートがあるのを発見する。

1人の生徒がゲート前に行き、余裕の表情をみせた。

「ゲートが現れてから一週間経てばヤバイんだろうけど」とその生徒は言うが、最近使われてない教室なのでゲートが現れてから何日経過してるのか不明だったのだ。

その事に気付く前に、突然ゲートからバチっと大きな音が鳴り中から緑のゴツゴツした手がゲート前にいた生徒の頭を鷲掴みしたのだ、

次の瞬間、助けを求めるも頭を握りつぶされてしまった。

そしてゲートの中から複数の赤く光る眼が現れるのであった。

117話へと続く。

俺だけレベルアップな件ネタバレ117話|高校で発生したダンジョンブレイクが…
...
スポンサーリンク

漫画 俺だけレベルアップな件116話の感想と考察

向坂雫「我進ギルド」創設メンバー却下

今回一番気になるのが、創立メンバーになれなかった向坂雫のことです。

詳しく旬の心象が描かれることもなくさらっと却下されたのが気になりますね。

諸星が思っていたように向坂雫ほどの志願者なんて、他に居ないと思っています。

この二人の関係がこれからどうなっていくのか、とても気になります。

大阪の巨大ゲートと学校のゲート

大阪のゲートに水篠旬は騎士団ギルドと潜ると思いますが、これから学校のゲートはどうなっていくのでしょうか。

今回学校のゲートの情報の詳細はなく、きっと物凄い被害が予想されますね。

美術室にいた残りの2人は、早く逃げてと思いながらハラハラしていました。

この美術室にできたゲートは誰が行くのでしょうか。

向坂雫が先に向かい、ピンチになった時に水篠旬が助けに来る展開を期待しております。

各話のネタバレ一覧

116話117話118話8話
error:右クリックは禁止されています。
タイトルとURLをコピーしました