ヌリタス偽りの花嫁ネタバレ45話|公爵家を汚さないため痛みも耐えて

【ヌリタス 〜偽りの花嫁〜】
ネタバレ記事まとめはコチラ↓
https://www.lockergakuen.jp/nuritasu-matome/

ヌリタス偽りの花嫁ネタバレ全話まとめ|最終回結末まで!読めるアプリも調査
...

酔っぱらっているからか楽しそうにヌリタスの元へ近づくアビオ。

反対にヌリタスは冷たい目線を向けます。

そして公爵家のことを考え穏便に済まそうとしますが、アビオは誰よりもヌリタスを愛してると激しく訴えだし……。

スポンサーリンク
ありす
ありす

たくさん漫画を読むとなると書籍代がかさみますよね...。コミックシーモアの読み放題フルなら、たったの1,480円/月で漫画が読み放題なので、電子書籍派の方にはとってもおすすめです!

シーモア読み放題を申し込む
利用料:7日間無料

こちらの作品は、comicoで読めます。
comico オリジナル漫画が毎日読めるマンガアプリ コミコ

comico オリジナル漫画が毎日読めるマンガアプリ コミコ

NHN comico Corporation無料posted withアプリーチ

ヌリタスネタバレ45話

前回44話のおさらい

・公爵はアビオに酒を飲ませて話を聞く
・翌朝アビオはヌリタスを逃がさないと決意
・ヌリタスたちは伯爵たちと共に朝食をとる
・1人になったヌリタスの元にアビオが来る

ヌリタス~偽りの花嫁〜ネタバレ44話|諦めきれない想い
...

45話ネタバレ

公爵がすぐに戻ってこないのを見計らって来たアビオ

ヌリタスは酔っぱらった様子のアビオが入ってきても動揺せず、冷たい視線を向けます。

しかしアビオはそんな様子のヌリタスに近づいて逃げられないようにし、そのままの冷たい態度でいれば良いと言うのです。

ヌリタスが「公爵が戻ってくるので避けて欲しい」と頼めば避けてくれるかと思いきや、伯爵と一緒にいてすぐに戻ってこないことが分かっていたようでした。

思わずアビオから目をそらしてしまうヌリタスですが、アビオは自分の方を見ろと言ってきます。

以前までのヌリタスであれば、アビオに何をされようが我慢してやり過ごしてきました。

しかし今はモルシアーニ公爵の妻であるため、これ以上モルシアーニ家を汚すわけにはいきません。

そこで穏やかに「やめて欲しい」と頼むのですが……。

愛しているのに激しく暴力を振るい

アビオはヌリタスのことをずっと愛せるし、偽りの姿ではなくそのままの姿を求めているのだと激しく訴えてくるのです。

ですがヌリタスにとっては気持ち悪いだけ。

思わず顔を背けてしまいます。

するとその様子に腹立ったアビオは、ヌリタスのことを突き飛ばすのです。

そして愛してるというのは嘘だったのかと、裏切られた気持ちからかヌリタスの腹を何度も蹴り続けるのでした。

ヌリタスは何度も蹴られ、さらには思いっきり蹴られた瞬間腰をテーブルに強打してしまい立てなくなってしまいます。

するとアビオは、昔のように自分の股の間をくぐる遊びをしようと言い出します。

その時のアビオの顔は興奮を抑えきれておらず……。

痛みで辛いけれど公爵夫人としての威厳を持って

ヌリタスはこれ以上アビオにやられっぱなしではダメだと、自分で対処しようと考えます。

しかし立とうとすると強打した腰の痛みが酷く、思わず涙が出てしまうほど。

するとヌリタスの涙を見たアビオは、愛しているはずなのにヌリタスが泣いているのは自分が傷つけたからなのかと動揺し始めるのです。

ここでヌリタスは、命が大事ならばもう部屋から出て行けと言います。

そして、公爵には愚かな貴族を森へ追い込んで狩猟をする趣味があると嘘をつくのです。

アビオはその話を信じるわけがないと言いますが……。

先程とは違いしっかりと立ったヌリタスは、自分はモルシアーニ公爵夫人なのだから気安く触れるなと威厳を持って伝えるのでした。

自分の物だったはずのヌリタスが遠くに感じるアビオ。

アビオはそんな威厳あるヌリタスの姿を見て、まだ名前もなかった頃のヌリタスとは違うとに気が付き、部屋から出ていくのでした。

公爵に迷惑をかけないために痛みを耐える

ソフィアが部屋に戻ってくると、そこには痛みでうずくまるヌリタスの姿がありました。

ヌリタスはすぐに鎮静効果のあるハーブティーを淹れるようにソフィアに頼みます。

その後、服を着替え痛みに耐えながらハーブティーを飲むヌリタスの姿を見たソフィアは、公爵に話したほうがいいと提案します。

しかしヌリタスは面倒をかけるわけにはいかないと、黙っておくように言うのでした。

46話に続く……

ヌリタス偽りの花嫁ネタバレ46話|何も知らず頼ってもらえぬ不甲斐なさ
...

各話のネタバレ一覧

1話2話3話4話5話
6話7話7話9話10話
11話12話13話14話15話
16話17話18話19話20話
21話22話23話24話25話
26話27話28話29話30話
31話32話33話34話35話
36話37話38話39話40話
41話42話43話44話45話
46話47話48話49話50話
51話

ヌリタス45話の感想と考察

骨が折れてそうで心配

今回の話のタイトルは「たとえ折れても屈しはしない」だったのでちょっと不穏な感じがしていたのですが、こういうことだったのですね。

ヌリタスはこれまで何度もアビオから暴力を振るわれていましたが、今回は打ちどころが悪かったようで心配です。

”折れても”というのは比喩表現などではなく、もしかしたら本当に骨折しているのかも。

それに腰の辺りをぶつけて倒れた後にヌリタスの口から血が出ています。

口の中を切った可能性もありますが、血を吐くということは内臓を損傷している可能性も……。

また何度もお腹を蹴られており、腰のあたりを打っているので、妊娠できなくなってしまうのでは?と思いました。

以前もアビオに蹴られて高熱を出したことがありましたが、今回ヌリタスは黙って我慢することにしたようなので、前回のように医者に診てもらうことはしないのかも。

これ以上悪化しないと良いのですが……。

昔のヌリタスとは違うと気が付いて諦める?

アビオの歪んだ愛は親のせいもある気がするので可哀想な気もしますが、それでも暴力を振るったりしているところを見ると許せないですね。

ヌリタスがアビオに対して「愛の意味を分かっていない」というようなことを言っていましたが、本当にその通り。

暴力を振るって自分の支配下に置くことが愛情だと思っているようです。

ヌリタスの話(公爵の噂)を信じないくせに愛しているなんて、矛盾していますよね。

ただ自分の恐れる父親のような威厳をヌリタスにも感じていると思いますし、自分の愛していた頃のヌリタスはいないと気が付いたようなので、これで諦めるかも?

それにこれから公爵からの復讐があるはずなので、これ以上ヌリタスへの被害はないはず……?!

ヌリタス偽りの花嫁(マンガ)は無料で読める?おすすめの電子書籍配信サービス!

有料の作品も無料で読むことができたら嬉しいですよね!

「そんな方法あるの?」って思われがちですが、電子書籍配信サービスは、無料登録をするだけで、タダで漫画を読むことができるポイントをプレゼントしています!

そのため、書店に行くと有料で読まなくてはならない作品も無料で読むことができるんです!

ありす
ありす

すべてのサービスで無料期間があるのが嬉しいわね!

各サービスについて特徴をまとめた一覧表がこちらです。

配信サービスおすすめ度特徴
※当サイト激推し!30日間無料
\ 1350円分無料で読める /
コミック.jp公式
★☆PayPay還元でザクザクたまる!
\ 3000円分割引クーポン /
ebookjapan公式
★☆7日間無料
読み放題サービス
コミックシーモア公式
★☆31日間無料
\ 600円分無料で読める /

U-NEXT公式
★☆国内最大級の配信サービス
\ 最大50%ポイントバック /
まんが王国公式
★☆30日間無料
\ コミック.jpとの利用がお得! /
music.jp公式
★☆2週間無料
\ 900円分のポイント付与 /
FOD公式

【ヌリタス 偽りの花嫁】を無料で読む方法がないか探してみましたが、残念ながら無料で読むことができる対象のサービスはありませんでした。

しかし、貴族社会を舞台にした漫画作品は、コミック.jpでも読むことができます!

今なら初回登録時に必ずポイントがもらえるので、有料作品も1350円分無料で読むことができるのでおすすめです!

  • 電子書籍で漫画を読むことが多くなった!
  • 他の配信サービスで読みたい作品が有料で迷っている…
  • 動画はいらないし、漫画だけ読めればいい!
  • 無料漫画も読みたい!

そんな漫画に一途な方のための配信サービスとなっています。

コミック.jpは30日間無料の期間が設けられていて、いざという時は追加料金も発生せずに解約できるので安心です。

最近、ドラマ・映画化された話題作の原作もこちらで読むことができます!

無料期間終了後は、既存ユーザーより250ポイントもお得に利用できる継続利用がおすすめです!

特別キャンペーン実施中

  1. 30日間無料(通常は無料期間なし!)
  2. 無料期間中に1350ポイントもらえる!
  3. 毎月1000pt+ 250ポイント増額!

\ 1350円分タダで読める! /
漫画を無料で読んでみる!
会員登録から30日間は完全無料!

error:右クリックは禁止されています。
タイトルとURLをコピーしました