奈落の花ネタバレ94話|アイコの過去が明らかに…!鏡とは?

漫画「奈落の花」94話のネタバレをご紹介していきます。

アイコと柏木麻衣子は鏡であるという話、水難事故の話には続きがあり…

スポンサーリンク
無料でマンガを読みたい!という方は、コミック.jpがおすすめです。無料会員登録するだけで1350ポイント(1ポイント=1円)がもらえます!

30日間の無料お試し体験をする
>>コミック.jpはこちら<<

奈落の花 ネタバレ94話 真相④

前回93話のおさらい

  • ジュリとツバサが固まる中、笑顔で話すアイコ
  • 麻衣子はアイコの憎むべき相手であるはずだとツバサは思う
  • アイコは麻衣子と自分は鏡だという
  • アイコの過去が語られ、麻衣子の夫を殺してしまったことが判明
奈落の花ネタバレ93話|明かされる裏アイコの過去!海水浴で溺れて...
...

奈落の花ネタバレ94話

話の続き

アイコは、麻衣子と自分は鏡であると話し、麻衣子の家庭をめちゃくちゃにしたと話した。

しかしそれで話は終わりではなかった。

アイコが麻衣子の家庭を壊してから1年半後、アイコの家は火事によって燃えた。

それは麻衣子が放火したというあの事件であった。

海の事故のことも放火事件のことも子供であったアイコには知らされていなかった。

しかし、微かな記憶により海への恐怖と親が消えた恐怖と喪失感は今でもずっと胸にこびりついているという。

だいぶあとになって知った話だと、麻衣子は事業を立ち上げたばかりの夫を突然亡くし、借金と生まれたばかりの子供を抱えた。

そして最愛の人を亡くした悲しみで精神を患い、アイコの家を時々見に行っていた。

殺すつもりはなく、庭にあったアイコの上履きを見つけ、出来心でそれを燃やしてしまった。

そして空気の乾燥と風により燃えカスから出火し、火元の近くに寝ていた両親は煙を吸い亡くなったと言う。

アイコと麻衣子

アイコは麻衣子の愛する夫の命を奪うことになってしまい、麻衣子は愛する人を失ったことによってアイコの大切な人の命を奪ってしまった。

鏡とはそういうことであった。

アイコは両親と家を失い、祖母の家で育てられたが、胸にこびりついた感情は消えることはなかった。

放火事件については事故として教えられ、水難事故のことは一言も触れられなかった。

感情を胸の奥にしまってから数年、見慣れない客が祖母の家にいた。

優しい祖母が怖い顔をしていて、普通のことではないと思った。

祖母に向かって土下座をし、何度も頭を下げる女性。

のこのこ顔を見せれる立場ではないのは分かっているが、せめてお線香をあげたいと話している女性に対し、祖母は帰るように伝えた。

そして祖母は、アイコには何も伝えていないこと、女性の顔を見ると息子夫婦の命を奪ったことへの憎しみと同時に、アイコの事故で奪ってしまった女性の主人のことを思い出し、出口がない思いがやりきれないと話した。

そして祖母の、お互いに忘れようという発言により、アイコは胸の奥にしまっていた記憶のかけらはつながった。

95話へと続く。

奈落の花ネタバレ95話|アイコは麻衣子に自分を投影していた?
...

奈落の花94話の感想と考察

やりきれない!!

アイコの祖母同様、やりきれない気持ちになる回でしたね…。

アイコの事故により麻衣子は夫を亡くし、悲しみからアイコの家を放火させ両親の命を奪う…。

麻衣子は加害者ですが被害者でもある、けれど麻衣子の被害は事故によるので、起こしてしまったのは事件。

麻衣子の立場になって考えると、いくら苦しかったからといえ人を殺してしまったことでの後悔から胸が苦しくなって頭がおかしくなりそうですね。

海を綺麗にすることできっと自分を保っていたんでしょうか。

憎しみと後悔の負のループから、たしかに鏡という表現がぴったりだと思いました。

そしてその復讐の矢がジュリとツバサに向くとは…根本は解決しない気もしますが、いろいろ考えた上でやったことだったんでしょうね。

奈落の花、いったいどのように完結するのでしょうか、終わりが見えそうで見えない!

各話のネタバレ一覧

71話72話73話74話75話
76話77話78話79話80話
81話82話83話84話85話
86話87話88話89話90話
91話92話93話94話95話
9
6話
97話98話99話100話
error:右クリックは禁止されています。
タイトルとURLをコピーしました