くまクマ熊ベアーのネタバレ63話|遂にお店の開店です

漫画「くまクマ熊ベアー」の63話、ネタバレをご紹介していきます。

スポンサーリンク

くまクマ熊ベアーネタバレ63話

各話のネタバレ一覧

61話62話63話64話65話

前回62話のおさらい

  • 皆の頑張りでメニューや材料の仕入れ先目途が立つ
  • お店の名前は「くまさんの憩いの店」
  • 看板の納品
  • 名前通り憩いの店にしたい
  • お店の外も中も、可愛いクマ尽くし
  • カリンは、お客が来るか不安だとユナにこぼす
  • ユナは心配ないと胸を張って答える
  • カリンに経営の才能があると言われ、ユナは何かを思い出す
くまクマ熊ベアーのネタバレ62話|ユナの多彩な才能とカリンの評価
...

くまクマ熊ベアーネタバレ63話

一人暮らしになる優奈

ユナは現実世界で祖父に言われたことを思い出します。

それは一人暮らしを始めるマンションの連帯保証人になってもらう為、祖父の会社を訪れた時の会話です。

「私の会社を継がないか」

と、祖父は言いました。

「三男の孫娘をごたごたに巻き込まないでほしい」

そう優奈は少し尖ったように答えます。

さらに祖父は言いました。

「お前には経営者としての才能がある」

カリンから言われた言葉を、この時祖父からも聞いたのです。

「ただ、人と付き合っていく事が足りない」

とも言われました。

考えておく、と優奈は答えて去りました。

とうとうオープン当日

楽しかった準備期間。

そしてオープン当日になります。

孤児院の子供達は、まだメニューをうまく言えません。

お客様もまだ来ません。

「初日から忙しくてもね」

ユナは明るく答えます。

朝一番で来ると答えていた知人達は、皆そろって朝に弱かったのです。

とにかく第一号のお客様は、笑顔で迎えましょう。

そうユナが言った時、その第一号がおみえになりました。

クマのようなガタイの冒険者ギルドマスターのラーロックが。

知人のクリフからユナの料理がとても美味しいと聞いて来たと言います。

ユナは作るのは私ではないと言いますが、シェフを入れたのなら大勢来ても平気だなと返されます。

何のことかと思っていると、フィナが窓の外を見て大きな声で驚きました。

そこには大勢のお客様がいます。

「道に迷っていたから連れてきた」

ラーロックが笑って答えたのでした。

64話へ続きます。

スポンサーリンク

『くまクマ熊ベアー』を全巻無料で読む方法は?

電子書籍配信サービスのなかで、『くまクマ熊ベアー』を配信しているサービスを確認しておきましょう。

配信サービス配信状況特徴
×30日間無料
550〜2,200円(税込)/月

\ 1350ポイント付与 /
コミック.jp公式サイトへ
31日間無料
2,189円(税込)/月
\ 600ポイント付与 /

U-NEXT公式サイトへ
×国内最大級の配信サービス
月額料金なし(課金制)

\ 50%ポイントバック /
マンガ王国公式サイトへ
×
7日間無料
<読み放題ライト>
780円(税込)/月

\ TL漫画が豊富 /
コミックシーモア公式サイトへ
×30日間無料
550〜1,958円(税込)/月

\ 600ポイント付与 /
music.jp公式サイトへ
月額料金なし(課金制)
無料マンガが豊富

\ 初回半額クーポン /
ebookjapan公式サイトへ
×2週間無料
976円(税込)/月

\ 最大900ポイント付与 /
FOD公式サイトへ

U-NEXTでは、31日間の無料お試し期間があるので全巻試し読みができるのに加え、無料登録で600ポイントもゲットできるので、自分の好きなマンガが無料で読めちゃいます。

くまクマ熊ベアーは1巻660円で読むことができます。そのため、会員特典のポイントを使用すれば、たったの60円で読むことができるんです!

またマンガを購入した場合、支払い額に対し最大40%還元もしているので、かなりコスパが高い配信サービスとなっています。

U-NEXTはこんな方におすすめですよ!

・無料で漫画を読みたい(1作品1話でも可)
・できるだけ多くの作品を読んでみたい
・漫画だけでなく映画やドラマ、アニメも楽しみたい
・分かりやすい操作性

くまクマ熊ベアーネタバレ63話感想と考察

優奈のよき理解者

両親は放任どころか優奈のお金で贅沢三昧な様子。

お金もあるし親も学校もいらないと、優奈は祖父に告げます。

普通なら親がマンションの連帯保証人になるべきところですが、優奈は祖父を頼りました。

それに対し、祖父はまともな人のようです。

連帯保証人が必要だからとはいえ頼ってきてもらえる事に、安堵しています。

目の届く範囲にマンションを借りることを条件として保証人になるあたり、きっと優奈がとても可愛いのでしょう。

「もっと人と付き合いなさい」

本来なら親が言うべき言葉を祖父は投げかけます。

閉じ込められたゲーム世界で、人と付き合うことを始めたユナ。

もしかしたら、この世界に閉じ込めたのは、お爺さんの所為なのかな、とは思いませんか。

お客さんが来ないと思ったら

迷子になっていたようです。

立地条件とか考えて購入したはずのお屋敷だったのですが。

ともあれ、ラーロックが連れてきてくれたことで一件落着、なのでしょうか。

なにやら怒涛の忙しさが待ち構えている予感がします。

ゆっくり慣れていきたかったようですが、それどころではない様子。

初日から見ていて楽しいことが起こりそうです。

お店が本格的に起動していきます。

可愛いハプニングで済めば良いですね。

error:右クリックは禁止されています。
タイトルとURLをコピーしました