この凶愛は天災ですネタバレ16話|運悪く帝に出会ってしまったマオメイは

漫画「この凶愛は天災です」の16話のネタバレをご紹介していきます。

無銭飲食と家屋破壊の罪でわざと捕まった3凶は、城に潜入することに成功。

その頃、マオメイは帝に出会い、ホウオウの綺々に再び捕らえられてしまう。

人質のはずの藍さんが、マオメイに開放された力で兵士たちを操り窮地を脱出するが?

スポンサーリンク
漫画を読むならコミック.jp

もし、気になっている作品があるなら、コミック.jpで漫画を読むのがおすすめです。無料登録で必ず1350ポイント(1ポイント=1円)がもらえるので、これまで有料で読めなかった作品も無料で楽しむことができます!


漫画を無料で読んでみる!
>>30日間のお試し期間あり<<

◆実施キャンペーンにつきまして
会員登録特典のポイント、クーポンなどは予告なく変更・終了する場合がございますのでご了承ください。

この凶愛は天災ですネタバレ16話

前回、15話のおさらい

・悪神・4凶の混沌
・饕餮(トウテツ)紅さん
・窮奇(キュウキ)藍さん
・檮こつ(トウコツ・こつ=木兀)栗さん
・舜帝の子孫、猫美(マオメイ)が封印の勾玉を飲み込んでしまい、4凶が復活し居候に
・もう1つの勾玉探しで古い手鏡を見つけたが、4霊・鳳凰(ホウオウ)綺々にマオメイが連れ去られる
・3凶は追いかけたくても、お店の飲食代と修理費を請求され追えない状況に
・綺々の説得に応じないマオメイは、脱走した先で帝らしき人物に出会う

この凶愛は天災ですネタバレ16話

マオメイは、脱出先で帝に遭遇してしまう

4凶のうち、通称、混沌・紅さん・栗さんは、無銭飲食と家屋破壊の罪で捕らえられました。

城の牢に移送される途中で3人は脱出、マオメイが連れ去られた城の中に潜入する事に成功します。

その頃、マオメイは部屋から逃亡した先で、高貴な男性に見つかってしまった直後でした。

男が綺々と呼びかけると、周りを兵士に取り囲まれてしまいます。

そして、中央にはホウオウ綺々の姿が。

綺々は鎖に繋がれたキュウキこと藍さんを引きずると、前に出しました。

そこで周りの態度から、出会った男が実は帝だと気づきます。

帝は、マオメイの中にある勾玉と、舜帝の末裔の墓のありかを問います。

それには断固拒否するマオメイ。

しかし、綺々は酷い脅しをかけます。

藍さんを人質に激しく痛めつけながら、更に協力を迫るのでした。

冷静に動向を探り、脱出の機会を探るマオメイ

悪神は死なないとしても、酷い傷を負い血を流す藍さん。

周りをキッと睨みつける藍さんに、怖気づく兵士達。

そんな態度の藍さんに、綺々が袈裟懸けに切りつけました。

倒れるその様子を盾に、私たちに従えとマオメイに迫る綺々。

しかし、マオメイは冷静に睨みつけ、従うのはあなた達だと言います。

藍さん・キュウキの能力は、人々を操る事。

周りの兵士全員を操り味方にした2人は、帝の命を盾に逃げ出します。

綺々は兵士を殺して止めようとしますが、帝がそれを制止します。

兵士たちを傷つけるな、あとはあの2人に任せようと。

そしてマオメイと藍さんは脱出成功。

城の中でマオメイを探していた3凶と合流しようとしたその時。

マオメイの後ろから突き抜けた手が!

突如現れた長髪の男が、マオメイの中の勾玉を奪ったのでした。

17話へと続く。

各話のネタバレ一覧

16話

この凶愛は天災ですネタバレ16話の感想と考察

4霊に捕まったマオメイは脱出できるのか?

いよいよおじいさんの残した手がかりが見つかり、2つ目の勾玉が見つかるかもという時に、4霊に捕まったマオメイ。

4凶と共に、この苦境を乗り越えられるのでしょうか。

そして、勾玉を奪われたマオメイは果たして無事なのか?

非常に心配です。

4凶は本来悪神で悪役のはずが

帝と都を守る4霊こそが本来の正義で、4凶は災厄をふりまく悪神。

そのはずが、マオメイと言う少女と出会った事で、4凶の凶悪さが半減していきます。

今後、愛される事を知った4凶がどうなって行くのか、楽しみです。

error:右クリックは禁止されています。
タイトルとURLをコピーしました