恋癖ネタバレ144話|居心地のよさに既視感?成瀬は真央へ告白するが…

漫画「恋癖」144話のネタバレをご紹介していきます。

成瀬は、真央の部屋がとても居心地のいい空間で、不安を感じずにいられると思っていると思いながらも、真央と一緒にいる事で自分自身が見失ってしまうと思い離れようとします。

ですが、真央に引き留められた事で、成瀬は気持ちがあふれて告白をしますが…

スポンサーリンク

恋癖144話ネタバレ

前回143話のおさらい

  • 間宮と里帆が映画館デートをする
  • 里帆が間宮に触れられても嫌じゃなかったと告げる
  • 里帆がお試しで間宮と恋愛をしたいと提案
  • 間宮は里帆の提案の返事を保留
恋癖ネタバレ143話|里帆と間宮はデート!ついに進展が?
...

恋癖144話ネタバレ

居心地のいい空間

成瀬は、まどろみながら、とても暖かくて何も考えられなくなるような居心地の良さに、どこか既視感を覚えていました。

思い出そうと目を開いた、成瀬の目に飛び込んできたのは、ソファーに寝ころんだ真央の上に乗って腕の中にいる状態でした。

その状況に驚いて、飛び起きた成瀬に気づいた真央が「おはよう」と声を掛けました。

いつの間に寝ていたのか、まったく記憶がない成瀬に30分くらい寝ていたと真央は教えます。

そして、真央は成瀬があまりにもぐっすりと寝ていたので、どこでも寝られるタイプかと質問します。

なぜかというと成瀬は、以前も真央とくっついている内に、いつの間にか寝ていた事があったからです。

成瀬は、その事を思いだしながら、真央の体から眠くなる成分があふれ出ていて寝てしまったと答えました。

思わぬ返答に喜びながらも真央は、ソファーから起き上がり首をさすりながらベッドに移動していいか聞きました。

疑問に思う成瀬に対して、ソファーが狭くて態勢を変えられなかったようで首が痛くなったと言って、ベッドの方へと移動しました。

真央がベッドに、ごろんと寝ころび腕を広げて、なんと成瀬に対して側に来るよう呼び掛けたのです。

その言葉にためらいつつも成瀬は、真央の乗っているベッドの方へと近づきました。

成瀬と真央のあいまいな関係

成瀬は、真央が自分に1ミリも異性としての恋愛感情が、ない事を分かっていました。

なぜなら、以前も真央に抱きしめられ触れ合い、朝になるまで一緒に居ましたがキスをしなかったからです。

そして成瀬は、客観的に見て自分が犬のようだと思いました。

真央が飼い犬に対して無条件に戯れているだけで、成瀬はそんな真央の腕の中に居るのが嬉しくて、犬みたいに尻尾を振っていました。

もともと、真央の恋愛対象が女性じゃないことを知っていたので、触れ合うことに何の意味もないと思っているので、成瀬にとっては好都合でした。

居心地のいい空間は、成瀬が不安に襲われる事もないと思っていましたが、同時に、居心地のいい空間にいる事が間違っているのではないかと感じていたのです。

なぜなら、春休みの間に真央を見かけても話しかける事もできず、他人のような関係性に成瀬はぽっかりと穴が空くような喪失感を味わっていました。

また喪失感を味わうのではないかと、真央の部屋を出た後の事を想像していました。

なので、真央と連絡が取れなくなった事で、頭の中がいっぱいになり何も手に付かなくなった事を思い出し、また惨めで薄暗い気持ちになってしまうのではないかと不安に駆られました。

真央から離れようと、おもむろに起き上がった成瀬。

思いつめた様子の成瀬を見て「なるちゃん?」と声を掛けた真央に、成瀬は静かに帰ると告げました。

成瀬が真央に告白

突然、帰ると言い出した成瀬に「どうかした?」と聞く真央。

成瀬は帰る理由を考えておらず、とっさに用事を思い出したと言ってしまいます。

ですが、冷や汗をだらだらと流し、帰ると言った事を後悔します。

成瀬は、家に帰りたくないと後ろ髪を引かれながらも、意を決して立ち上がり部屋を出ようと扉の方へ歩き出しました。

それでも自分の意志で、真央の部屋を出て行かなければ、自分を見失ってしまうと思っていたのです。

すると突然、成瀬は真央に後ろから腕をつかまれて、驚く間もなく後ろに思いっきり引かれ、ベッドの上に戻されてしまいました。

真央が覆いかぶさり、成瀬を帰さないと言い放ちました。

引き留められるとは思わず、成瀬のもろく決意した意志がことごとく崩れて、ぼろぼろと涙があふれだし、真央の事が好きだと口から零れます。

泣いている成瀬に対して真央はキスをしたのでした。

そして、この時に真央の部屋を出ていれば、引き返して後戻りが出来るチャンスだったと後悔していました。

それでも、成瀬は真央とキスをした瞬間が間違いなく人生で一番幸せだったのです。

145話へと続く。

恋癖ネタバレ145話|成瀬の世界が一変?里帆と塚本の忠告を思い出し...
...
スポンサーリンク

恋癖 を全巻無料で読む方法は?

電子書籍配信サービスのなかで、『恋癖』を配信しているサービスを確認しておきましょう。

配信サービス配信状況特徴
※当サイト激推し!30日間無料
550〜2,200円(税込)/月

\ 1350ポイント付与 /
コミック.jp公式サイトへ

※期間限定キャンペーン中
31日間無料
2,189円(税込)/月
\ 600ポイント付与 /

U-NEXT公式サイトへ
×国内最大級の配信サービス
月額料金なし(課金制)

\ 50%ポイントバック /
マンガ王国公式サイトへ
7日間無料
<読み放題ライト>
780円(税込)/月

\ TL漫画が豊富 /
コミックシーモア公式サイトへ
30日間無料
550〜1,958円(税込)/月

\ 600ポイント付与 /
music.jp公式サイトへ
月額料金なし(課金制)
無料マンガが豊富

\ 初回半額クーポン /
ebookjapan公式サイトへ
2週間無料
976円(税込)/月

\ 最大900ポイント付与 /
FOD公式サイトへ
・国内最大級のマンガ作品数
・無料マンガ(読み放題作品)も豊富
・30日間無料で楽しめる
・ポイントキャッシュバックでお得
・退会した後もマンガが読める
・アプリでもブラウザでも読める

\ お試しで1350ポイントGET!! /
コミック.jp公式サイトへ
30日以内の解約で完全無料!

恋癖144話の感想と考察

真央は成瀬の気持ちを知っていたのか

成瀬は、真央と一緒にいる事に安心感を感じていたのとは裏腹に、真央と連絡が取れなくなってしまったら、真央の事で頭がいっぱいになってしまう自分になりたくないと決意していました。

そして真央は、真央の部屋を出て帰ろうとしていた成瀬を見て、成瀬がもう来ないことを分かっていたので引き留めたんだと思われます。

後戻り出来ない成瀬と真央の嘘?

そして成瀬が、真央の部屋を出ていれば、まだ引き返せるチャンスだったと思い返していたので、成瀬は、さらに真央に対して気持ちが膨れ上がり溺れてしまうのかもしれません。

さらに成瀬は、真央にした告白の明確な返事を言われてはいません。

真央は、成瀬にキスをしましたが、真央の恋愛対象は男性なので嘘をついているとも考えられます。

各話のネタバレ一覧

143話144話145話
error:右クリックは禁止されています。
タイトルとURLをコピーしました