かつてそれは愛だったネタバレ最終回の結末|加奈子の欲しかったもの!感想・考察・解説

【かつてそれは愛だった】
ネタバレ記事まとめはコチラ↓
https://www.lockergakuen.jp/katsutesoreha-matome/

かつてそれは愛だったネタバレ全話まとめ|最新話から最終回まで
...

かつてそれは愛だったネタバレ最終回|辰雄から謝罪を受けて加奈子は…

漫画「かつてそれは愛だった」の最終話のネタバレをご紹介していきます。

辰雄と真理亜の男女関係を目の当たりにして離婚をした加奈子は、祥真の提案でマンションの隣の部屋に住み、辰雄たちの様子を盗聴します。

辰雄と真理亜が別れたことを確認した加奈子は、その時を待っていたかのようです。

一人になった辰雄に、加奈子は何を話すのでしょうか。

スポンサーリンク

\ 1350円分のポイントもらえる /
無料で漫画を読んでみる!
>>コミック.jp公式サイト<<

会員登録から30日間は完全無料!

かつてそれは愛だった最終話ネタバレ

前回48話のおさらい

  • 真理亜と辰雄が別れたことを知った加奈子
  • 祥真もこの時を加奈子に見せたかった様子
  • 加奈子は、次には辰雄に会うと決めていた
  • すべてを謝る辰雄に加奈子は…

>>48話のネタバレを読む

かつてそれは愛だったネタバレ48話|戻れない日々と加奈子の求めるもの
...

かつてそれは愛だった最終回ネタバレ

私が欲しかったものと欲しいもの

物語は加奈子のモノローグから始まります。

両親も、妹も、誰一人として加奈子が欲しいのものを与えてはくれません。

けれど、辰雄だけは違ったのです。

少しずつ辰雄がくれた“それ”こそが、加奈子が唯一欲しかったものでした。

しかし加奈子にとって何よりも大切だった“それ”は、真理亜と辰雄本人によって、跡形もなくなります。

現在の加奈子は、辰雄の謝罪などどうでもいいと思うのです。

加奈子のねらい

もう大丈夫と、笑って見せる加奈子に、辰雄は顔を上げます。

そんな辰雄に加奈子は、今は祥真と付き合っていると言います。

それを聞いた辰雄は、絶望と後悔に苛まれた表情のまま、加奈子から目を離すことが出来ません。

辰雄の表情を見て、加奈子は満足げに口の端を上げます。

辰雄の変化に気付いていないかのように、加奈子はすらすらと祥真との馴れ初めについて語りだします。

もちろん祥真に惹かれた事実はなく、ただ辰雄を傷つけるためだけに、辰雄の言動や真理亜とのことを一つずつ指摘するように、加奈子の口は止まりません。

それは愛だった

自分のことが見えなくなったのは辰雄本人に原因があるのにも関わらず、加奈子を気遣うことをやめなかった辰雄。

憎しみだけとは言い難い許せない気持ちを抱える加奈子は、ずっと辰雄を苦しめることだけを考えていたのでした。

誰も欲しがらないくらいに、辰雄を傷つけたい加奈子。

感情を押し殺す時に顔をしかめる癖がある辰雄が、まさに今その表情になっていることや、部屋で一人になってから加奈子の名前を呼んでいたことも全て知ったうえでなお、きわめて明るく辰雄に喋ります。

加奈子が同じマンションで祥真と暮らしていることを聞いた、荷物を取りこぼすほど愕然とします。

加奈子は「これからもご近所さんとしてよろしく」と別れを告げました。

去り際に打ちひしがれる辰雄の姿を確認した加奈子は、辰雄を失ってあいた心の隙間が別のもので埋められていくのを感じます。

“それ”で満たされていた加奈子の世界は、もう二度と元に戻ることはなかったのです。

>>番外編(どうしても欲しかったものはまだ手に入らない)のネタバレを読む

かつてそれは愛だったネタバレ番外編|どうしても欲しかったものはまだ手に入らない
...

かつてそれは愛だった最終回の感想と考察

加奈子の執着

加奈子は、かねてからの目的を見事達成しました。

辰雄を愛していたからこそ、決して許すことができず、一生消化されることのない思いからくる行動だったと思います。

辰雄の裏切りについては、制裁をのぞんでいたので、少し心が晴れた部分もありますが、ハッピーエンドではないというのが深く胸に刺さります。

完結はしてもその後は?

辰雄に背負わせることに成功したものの、加奈子は今後、祥真と暮らし続けるのでしょうか。

もうかつての辰雄がいないことで、加奈子も新しい生活を望んでいないとはいえ、加奈子には前を向いて生きて行ってほしい気もします。

続く番外編では、その後の祥真の暮らしや真理亜のことも描かれるようなので、そういった変化にも注目したいです。

『かつてそれは愛だった』の最新話を今すぐ無料で読む方法

『かつてそれは愛だった』は、comicoとコミックシーモアで読むことができます。

シーモア読み放題は、初回に限り無料トライアル期間(7日間)が用意されているため気軽に利用できます。

残念ながら『かつてそれは愛だった』は読み放題の対象ではありませんが、1〜10話までは無料で読めます。

かつてそれは愛だった読める巻数価格実際にかかる費用
comico全話51円51円
コミックシーモア全話55円55円

似たような不倫系の漫画を読みたい場合は、以下でご紹介する電子書籍ストアも検討されてください。

『かつてそれは愛だった』を配信している電子書籍配信サービス

『かつてそれは愛だった』を配信している電子書籍配信サービスは以下の通りです。

配信サービス配信状況特徴
※当サイト激推し!×30日間無料
1350ポイント付与
コミック.jp公式サイトへ
×31日間無料
アニメ・ドラマも充実

U-NEXT公式サイトへ
×国内最大級の配信サービス
50%ポイントバック
マンガ王国公式サイトへ
7日間無料
読み放題サービス
コミックシーモア公式サイトへ
×30日間無料
600ポイント付与
music.jp公式サイトへ
×無料マンガが豊富
3,000円割引クーポン
ebookjapan公式サイトへ
×2週間無料
最大900ポイント付与
FOD公式サイトへ

上記表の中で「◎」のマークがついているサービスなら、『かつてそれは愛だった』を読むことができます!

  1. 7日間の無料お試し期間あり
  2. ランキング上位の作品も読み放題対象!
  3. 少女漫画TL・BLも豊富なラインナップ
    ※詳細は公式サイト(https://yomiho.cmoa.jp/)でチェック!

\ 読み放題でストレスフリー /
『かつてそれは愛だった』をシーモアで読む
無料登録から7日間は完全無料!

error:右クリックは禁止されています。
タイトルとURLをコピーしました