かつてそれは愛だったネタバレ45話|真理亜が訪ねてきた理由とは…

【かつてそれは愛だった】
ネタバレ記事まとめはコチラ↓
https://www.lockergakuen.jp/katsutesoreha-matome/

かつてそれは愛だったネタバレ全話まとめ|最新話から最終回まで
...

漫画「かつてそれは愛だった」の45話のネタバレをご紹介していきます。

辰雄と離婚後、祥真の部屋で暮らし、辰雄と真理亜の様子を盗聴する加奈子。

3か月を過ぎたある日、インターホンの音でドアスコープを確認すると、そこには真理亜の姿が…

加奈子に向って「祥真をとらないで」と言う真理亜の真意とは?

スポンサーリンク
無料でマンガを読みたい!という方は、コミック.jpがおすすめです。無料会員登録するだけで1350ポイント(1ポイント=1円)がもらえます!

30日間の無料お試し体験をする
>>コミック.jpはこちら<<

かつてそれは愛だった45話ネタバレ

前回44話のおさらい

  • 真理亜は辰雄との男女関係を継続中
  • 祥真の部屋で暮らし、2人を盗聴する加奈子
  • そこに突然、真理亜が訪ねてくる
  • 真理亜が語る祥真との関係とは…?

>>44話のネタバレを読む

かつてそれは愛だったネタバレ44話|加奈子が見えない理由はなぜ?感想も
...

かつてそれは愛だった45話ネタバレ

戸惑わずにはいられない加奈子

真理亜の出現に、危機感を抱く加奈子は、玄関口でチェーンロックをかけたまま真理亜と対峙することに。

ドアのわずかな隙間から見える真理亜の顔は、目を見開き狂気じみています。

一歩も引かない真理亜は加奈子に、祥真を先に好きになったのは自分だからとらないでと言ってきます。

何を言い出したのか理解できない加奈子。ひきつった顔で言葉を返すのもやっとのことでした。
涙ぐみながら懇願してくる真理亜。

加奈子は思わず頭を抱えます。
つい先程まで辰雄の部屋で男女の営みをしていたはずの真理亜が、突然目の前に現れ、何事もなかったかのように話していること自体、異様です。
その上、辰雄をとられた加奈子に対して、祥真をとらないでと辰雄を奪った張本人がのたまうのですから無理もないでしょう。

辰雄との関係を問いただす加奈子に対し、真理亜は「辰雄を好きだった」と過去形で言い表し、今はいわずもがなだろうと悪びれもせず照れた顔を見せます。

理性を持たない

祥真は恋を「一過性の病い」と比喩しましたが、真理亜にとって恋愛感情とは一体何を意味するのでしょうか。

加奈子は、欲望の赴くまま行動する真理亜が、理性を持たない化け物にさえ感じるのでした。

ドアを開けてくれない加奈子にしびれをきらした真理亜は、あざけるように笑い出し、加奈子は本当の事を知らないからだと言い張ります。

相手をする気がないことを言葉と態度でしっかり示す加奈子。

ドアを閉められそうになった時、興奮が最高潮に達した真理亜は…

遂に牙を見せる真理亜

ドアの隙間に無理やり片足を捻じ込ませてきたかと思えば、その瞬間、大声で叫び出す真理亜。足に血が滲むことを気にも留めません。
1年前に祥真に抱かれたと発言します。

周りの迷惑もかえりみない真理亜の言動に、呆気にとられ立ち尽くす加奈子。

真理亜は、辰雄に恋心を抱いて悩んでいる最中に祥真と出会い、ずっと相談に乗ってもらっていたと言います。
そして、辰雄が加奈子を見えなくなったことも祥真から聞いたと、ここ最近までも関係が続いていることを誇示します。

祥真は加奈子が選んだ人物ではなかったがために、見る目のない自分の気持ちに踏ん切りがつかなかったという真理亜は、今になって祥真への想いを自覚したそうです。

加奈子のものを何でも欲しがる真理亜らしい言い分でした。
堂々と加奈子からの略奪を正当化する真理亜は“加奈子と現在一緒にいる祥真”に目を付け、しまいには私の方が先だと主張するのです。

これを聞いて加奈子は祥真を拒絶したはずだから部屋に入れてと、真理亜は屈託のない笑顔を見せて…

>>46話のネタバレを読む

かつてそれは愛だったネタバレ46話|奪ってもなお真理亜の欲望は止まらず…
...

各話のネタバレ一覧

16話17話18話19話20話
21話22話23話24話25話
26話27話28話29話30話
31話32話33話34話35話
36話37話38話39話40話
41話42話43話44話45話
46話47話48話最終話番外編

かつてそれは愛だった45話の感想と考察

真理亜の欲深さ

真理亜は加奈子と祥真の関係に気付いたうえで、祥真を奪い取ろうとしていることがハッキリしました。

幼い妹が、姉を真似したがったり、同じ物を欲しがったりすることはあると思いますが、真理亜の場合はあくまでも加奈子のモノを奪うことだけが目的のようです。

不倫も、加奈子が大事に思っていた辰雄を手に入れたかっただけで、それを加奈子も理解してはいたのでしょう。

祥真がいきさつを明かす?

祥真と真理亜が出会ったのは、祥真の作戦だと思われます。

辰雄との関係も、真理亜の狂気を祥真が完全に利用した説が有力です。

そして加奈子は、真理亜の言葉によってすべてを察したのではないでしょうか。
祥真が真理亜に対して、また加奈子に対して何を話すのか、加奈子はこれからどうするのか、まだまだ混沌状態が続きそうです。

『かつてそれは愛だった』の最新話を今すぐ無料で読む方法

『かつてそれは愛だった』は、comicoとコミックシーモアで読むことができます。

シーモア読み放題は、初回に限り無料トライアル期間(7日間)が用意されているため気軽に利用できます。

残念ながら『かつてそれは愛だった』は読み放題の対象ではありませんが、1〜10話までは無料で読めます。

かつてそれは愛だった読める巻数価格実際にかかる費用
comico全話51円51円
コミックシーモア全話55円55円

似たような不倫系の漫画を読みたい場合は、以下でご紹介する電子書籍ストアも検討されてください。

『かつてそれは愛だった』を配信している電子書籍配信サービス

『かつてそれは愛だった』を配信している電子書籍配信サービスは以下の通りです。

配信サービス配信状況特徴
※当サイト激推し!×30日間無料
1350ポイント付与
コミック.jp公式サイトへ
×31日間無料
アニメ・ドラマも充実

U-NEXT公式サイトへ
×国内最大級の配信サービス
50%ポイントバック
マンガ王国公式サイトへ
7日間無料
読み放題サービス
コミックシーモア公式サイトへ
×30日間無料
600ポイント付与
music.jp公式サイトへ
×無料マンガが豊富
3,000円割引クーポン
ebookjapan公式サイトへ
×2週間無料
最大900ポイント付与
FOD公式サイトへ

上記表の中で「◎」のマークがついているサービスなら、『かつてそれは愛だった』を読むことができます!

  1. 7日間の無料お試し期間あり
  2. ランキング上位の作品も読み放題対象!
  3. 少女漫画TL・BLも豊富なラインナップ
    ※詳細は公式サイト(https://yomiho.cmoa.jp/)でチェック!

\ 読み放題でストレスフリー /
『かつてそれは愛だった』をシーモアで読む
無料登録から7日間は完全無料!

error:右クリックは禁止されています。
タイトルとURLをコピーしました