かつてそれは愛だったネタバレ36話|発覚していく事実に加奈子は…

【かつてそれは愛だった】
ネタバレ記事まとめはコチラ↓
https://www.lockergakuen.jp/katsutesoreha-matome/

かつてそれは愛だったネタバレ全話まとめ|最新話から最終回まで
...

漫画「かつてそれは愛だった」の36話のネタバレをご紹介していきます。

辰雄と真理亜の不貞を目撃した加奈子を救い出す祥真。

気絶してしまった加奈子は、目覚めてから祥真に介抱され、何があったのかを確認していきます。

リビングにまだ辰雄たちがいると言いながら、嫌がる加奈子の手を無理やり引く祥真。

加奈子は力負けし、到着後に様子を確認しますが、そこには誰もいません。

何を見たのか、加奈子はここは自宅ではないと感じ…

スポンサーリンク
無料でマンガを読みたい!という方は、コミック.jpがおすすめです。無料会員登録するだけで1350ポイント(1ポイント=1円)がもらえます!

30日間の無料お試し体験をする
>>コミック.jpはこちら<<

かつてそれは愛だったネタバレ36話

前回35話のおさらい

  • 辰雄たちの不倫現場を前に気を失う加奈子
  • 目覚めた瞬間から、違和感を感じる
  • 祥真の言動も何処かおかしい
  • リビングまで来た加奈子は何かに気づき…

>>35話のネタバレを読む

かつてそれは愛だったネタバレ35話|奇妙な感覚の理由は…
...

かつてそれは愛だったネタバレ36話

加奈子が確信した理由

目覚めてからずっと感じていた違和感が確実に「おかしい」と思うまでになった加奈子。

そう感じていることを隠しながら、ここが何処なのかをあらためて祥真にたずねます。

微笑む祥真の態度にも不可思議な点はいくつもありました。

中でも、いつも加奈子を気遣う祥真が、辰雄と加奈子の間にあったことを見て、普通に接してくることが変だと思う加奈子。

人のいい彼ならもっと気まずそうにするはずだと、今の祥真の様子を疑います。

祥真は普段通りの調子で、ここは間違いなく加奈子の家だと明るく答えます。

加奈子は、家具や小物とその配置については、素直に納得できます。

しかし、確信を持って窓に近付く加奈子は…

いつもの景色は

自宅との決定的な違いがそこにはありました。

窓から見える景色で、加奈子の家からは見えない建物が、今いる部屋からは確認できるのです。

祥真にその事実を伝える加奈子。

祥真はすんなりと加奈子の自宅ではないことを認め、加奈子のすぐそばで屈むような姿勢をとります。

その行動の意味を理解し終える前に、加奈子は足を抱えるようにして祥真に持ち上げられてしまいます。

理解できるはずがない

体が宙に浮いている加奈子は成す術もなくされるがままになってしまいます。

祥真は加奈子をやすやすと運び、加奈子の体が下ろされたのはソファの上でした。

祥真に段々と上からにじり寄られる加奈子は後ずさりしますが、距離をとることは出来ません。

にっこりと笑いながら、ここは加奈子と自分の家だと説明する祥真。

祥真の言動の目的を分かり始めた加奈子は、恐怖に顔をひきつらせます。

祥真は辰雄と真理亜がソファで及んだ性行為になぞらえて、自分たちも同じ状況で体を重ねることに興奮しないかと、加奈子に念を押すように語りかけ…

>>37話のネタバレを読む

かつてそれは愛だったネタバレ37話|祥真は何者で正体は?加奈子は息つく暇もなく...
...

各話のネタバレ一覧

16話17話18話19話20話
21話22話23話24話25話
26話27話28話29話30話
31話32話33話34話35話
36話37話38話39話40話
41話42話43話44話45話
46話47話48話最終話番外編

かつてそれは愛だった36話の感想と考察

なぜ自宅に似せる必要があるのか

実は自宅でない別の場所に加奈子は運ばれていました。

見える景色が少し違うだけであとは同じというのは、加奈子が気味悪く思うのも無理はありません。

加奈子の自宅そっくりな部屋を用意したのが祥真だとすると、部屋の内部に詳しい協力者がいたのでしょうか。

また、何のためにそんなことをしたのでしょうか。

いずれにせよ、細かな物の配置まで同じにした所に異常なまでの執着を感じることは確かです。

祥真に関する推測

これまでの善意はすべて嘘だったのか、祥真は狂気をあらわにしました。

好意的だったのは加奈子をおとしいれるためだったとしたら、許せません。

今思えば、祥真は加奈子が辰雄から見えなくなったという奇妙な現象を、いち早く理解していました。

誰にも相談できずにいた加奈子にとっては心強かったことですが、すぐに受け入れることが難しい内容のはず。

もしも辰雄が「見えなくなった」ところから祥真が関与していたとすると、物語はガラリと色を変えてしまいます。

また、祥真は加奈子が気付くまでは今いる部屋を加奈子の自宅ということで通そうとしていたと思われます。

その後の行動の制限をかけない限り、すぐにバレてしまう嘘をついたということは、加奈子はすでに祥真の罠にはまってしまっているのではないでしょうか。

ハラハラする展開はまだまだ続きそうです。

『かつてそれは愛だった』の最新話を今すぐ無料で読む方法

『かつてそれは愛だった』は、comicoとコミックシーモアで読むことができます。

シーモア読み放題は、初回に限り無料トライアル期間(7日間)が用意されているため気軽に利用できます。

残念ながら『かつてそれは愛だった』は読み放題の対象ではありませんが、1〜10話までは無料で読めます。

かつてそれは愛だった読める巻数価格実際にかかる費用
comico全話51円51円
コミックシーモア全話55円55円

似たような不倫系の漫画を読みたい場合は、以下でご紹介する電子書籍ストアも検討されてください。

『かつてそれは愛だった』を配信している電子書籍配信サービス

『かつてそれは愛だった』を配信している電子書籍配信サービスは以下の通りです。

配信サービス配信状況特徴
※当サイト激推し!×30日間無料
1350ポイント付与
コミック.jp公式サイトへ
×31日間無料
アニメ・ドラマも充実

U-NEXT公式サイトへ
×国内最大級の配信サービス
50%ポイントバック
マンガ王国公式サイトへ
7日間無料
読み放題サービス
コミックシーモア公式サイトへ
×30日間無料
600ポイント付与
music.jp公式サイトへ
×無料マンガが豊富
3,000円割引クーポン
ebookjapan公式サイトへ
×2週間無料
最大900ポイント付与
FOD公式サイトへ

上記表の中で「◎」のマークがついているサービスなら、『かつてそれは愛だった』を読むことができます!

  1. 7日間の無料お試し期間あり
  2. ランキング上位の作品も読み放題対象!
  3. 少女漫画TL・BLも豊富なラインナップ
    ※詳細は公式サイト(https://yomiho.cmoa.jp/)でチェック!

\ 読み放題でストレスフリー /
『かつてそれは愛だった』をシーモアで読む
無料登録から7日間は完全無料!

error:右クリックは禁止されています。
タイトルとURLをコピーしました