かつてそれは愛だったネタバレ29話|辰雄に真理亜から電話があって…

【かつてそれは愛だった】
ネタバレ記事まとめはコチラ↓
https://www.lockergakuen.jp/katsutesoreha-matome/

かつてそれは愛だったネタバレ全話まとめ|最新話から最終回まで
...

漫画「かつてそれは愛だった」の29話のネタバレをご紹介していきます。

加奈子は自分のことが見えなくなってしまった夫の辰雄とともに、休日を自宅で過ごしていました。

もちろん、辰雄からは認識されませんが、それでも一緒にいたいと思っていたのです。

辰雄は加奈子の妹の真理亜と不倫していて、加奈子に合せる顔がないという罪悪感から、加奈子を認識できなくなったという推測に至
っています。

寝るときも、昼食をとる時も、加奈子のことまで考えて行動している辰雄。

加奈子は自分を裏切っておきながら思いやりを見せる辰雄に、これまでにない憎しみを感じます。

そんな中、辰雄のもとに真理亜から電話があって…

スポンサーリンク
シルバーウィークは『読み放題』サービスがオススメ!

2021年9月18日からの長期休暇がはじまりましたね。みなさんはどんなことをして過ごされますか(^^)?


漫画がちょーーーーーーーーー大好きな私は、シーモア読み放題【漫画が読み放題なサービス】で、色々な作品を読んでく予定です♪
(コーヒーを飲みながら少女漫画を読むのが至福の時間なのです...)


はじめて利用される際は、無料お試し体験(7日間)があるので、ぜひ試してみてくださいね(個人的に超オススメです!)


無料お試し体験で使ってみる!
>> コミックシーモア公式サイト <<
※7日間以内の解約で月額料金は発生しません。

かつてそれは愛だったネタバレ 29話

前回28話のおさらい

・辰雄は真理亜に浮気している
・辰雄から見られなくなってそれを知る加奈子
・加奈子を嫌いになったわけではない辰雄
・加奈子はそんな辰雄の様子に苛立つ
・辰雄は真理亜からの電話に出て…

かつてそれは愛だったネタバレ28話|不倫を断る加奈子と辰雄の休日
...

かつてそれは愛だった ネタバレ 29話

何もかも解せない

辰雄の携帯電話からは、電話に出てもらえたことを喜ぶ女性の声が…

甘えるようなその声を聞いて、加奈子は辰雄の電話の相手が真理亜だと確信します。

突然の電話に、辰雄は慌てた様子で、こそこそと不審な態度を取り始めました。

不倫相手からの電話を自宅でとってしまったのですから、そうなるのも不自然ではありませんが、辰雄には加奈子の姿が見えていません。

加奈子は、自分のことを見えないのにバレないように電話しようとする辰雄に腹を立てます。

また、そもそも妻に秘密にしなきゃいけないような電話に出たことにも納得がいきません。

電話はしない約束だと言う辰雄に対して、加奈子が居ないなら大丈夫ではないかと悪びれる様子もない真理亜。

明るい口調とは裏腹に、不服な笑みを浮かべています。

加奈子はこの場に居ないが、加奈子本人が家にいると言っていると素直に答える辰雄。

真理亜はそれを何かのジョークだと笑いとばします。

加奈子はおちゃらける真理亜の甲高い声を、耳障りに感じ始めます。

かみ合わない会話

加奈子はそんな嘘をつかないと、真理亜の返答を否定する辰雄。

それは、不倫相手の突飛な行動を諫めることを目的としながら、同時に、辰雄が加奈子に絶大な信頼を寄せることを意味していました。

真理亜とのことで今も加奈子を裏切りながら、変わらずに加奈子を味方するような辰雄。

加奈子はその態度に辟易とし、憎悪をつのらせます。

真理亜はヒヤヒヤしている辰雄を安心させるように、加奈子がいるかどうか確かめてあげると言い出します。

そして、ちょうど辰雄たちの家の近くにいるから少しだけ待つよう言うと、電話を切ってしまいます。

辰雄は真理亜との電話を終えた後、加奈子の名前を呼びながら家中を探し回ります。

加奈子は辰雄のすぐ後ろにいるのですが、一向に気付きません。

メッセージで辰雄からどこにいるのか聞かれる加奈子。

家にいるという事実をメッセージで答えますが、見えない辰雄にとっては謎が深まるばかり。

その後も辰雄は何度も加奈子にメッセージを送っては、加奈子からの言葉の意味が汲み取れず混乱します。

もう家の前で

そうこうしているうちにインターホンがなり、真理亜がマンションのエントランスを開錠するようせがんできます。

辰雄は、家には入れられないと断ります。

すると、真理亜はしおらしくなって、辰雄は自分と会いたくないのかと涙ぐみながら訴えてきます。

ドアホンの様子を一緒に見ていた加奈子は、今も昔も真理亜は被害者ぶるのが上手いと感心します。

辰雄はまんまと真理亜の術中にハマったのか、おろおろとうろたえます。

真理亜の背後からは、誰か他の住人が帰ってきたような物音が聞こえてきます。

誰かが通ったらこの状況を怪しむはずでそれでもいいのかと、問いかけてくる真理亜。

それは辰雄への確認ではなく、強制を促すものでした。

結果、辰雄は真理亜をマンションに招き入れることとなったのです。

自分の思い通りに事が運んだからか、真理亜は上機嫌で歩を進め…

30話へと続く。

かつてそれは愛だったネタバレ30話|真理亜に足を踏み入れられた場所
...

各話のネタバレ一覧

16話17話18話19話20話
21話22話23話24話25話
26話27話28話29話30話
31話32話33話34話35話
36話37話38話39話40話
41話42話43話44話45話
46話47話48話最終話番外編

かつてそれは愛だった29話の感想と考察

甘え上手な真理亜、健在

「加奈子は居ない」と聞き直す真理亜の微笑みが、何か知っているように見えたのは気のせいでしょうか。

辰雄が加奈子を見えなくなってしまった現象の原因を、真理亜が握っていると怪しんでしまいます。

また、本当に真理亜のせいでこの現象が起きているのだとしたら、加奈子を苦しめると分かっていて、加奈子たちの家に押しかけにきたということです。

辰雄に対する言動も、可愛らしくはありますが、意のままに従わせている感が否めません。

無邪気に振る舞う真理亜が、邪悪に見えて仕方がありませんでした。

迫りくる真理亜の恐怖

強引な真理亜は、このまま家に入ってくるのでしょうか。

辰雄の態度を見ていると、真理亜をキッパリと追い返せず、加奈子もいないと思っているので、真理亜のペースに流されてしまうように思えます。

そうなると、辰雄に見えていないだけで加奈子はそこにいるので、三角関係の当事者同士が相まみえてしまうことになります。

加奈子が辰雄の目を覚ますために何かするのか、それとも…緊張感が走ります。

『かつてそれは愛だった』の最新話を今すぐ無料で読む方法

『かつてそれは愛だった』は、comicoとコミックシーモアで読むことができます。

シーモア読み放題は、初回に限り無料トライアル期間(7日間)が用意されているため気軽に利用できます。

残念ながら『かつてそれは愛だった』は読み放題の対象ではありませんが、1〜10話までは無料で読めます。

かつてそれは愛だった読める巻数価格実際にかかる費用
comico全話51円51円
コミックシーモア全話55円55円

似たような不倫系の漫画を読みたい場合は、以下でご紹介する電子書籍ストアも検討されてください。

『かつてそれは愛だった』を配信している電子書籍配信サービス

『かつてそれは愛だった』を配信している電子書籍配信サービスは以下の通りです。

配信サービス配信状況特徴
※当サイト激推し!×30日間無料
1350ポイント付与
コミック.jp公式サイトへ
×31日間無料
アニメ・ドラマも充実

U-NEXT公式サイトへ
×国内最大級の配信サービス
50%ポイントバック
マンガ王国公式サイトへ
7日間無料
読み放題サービス
コミックシーモア公式サイトへ
×30日間無料
600ポイント付与
music.jp公式サイトへ
×無料マンガが豊富
3,000円割引クーポン
ebookjapan公式サイトへ
×2週間無料
最大900ポイント付与
FOD公式サイトへ

上記表の中で「◎」のマークがついているサービスなら、『かつてそれは愛だった』を読むことができます!

  1. 7日間の無料お試し期間あり
  2. ランキング上位の作品も読み放題対象!
  3. 少女漫画TL・BLも豊富なラインナップ
    ※詳細は公式サイト(https://yomiho.cmoa.jp/)でチェック!

\ 読み放題でストレスフリー /
『かつてそれは愛だった』をシーモアで読む
無料登録から7日間は完全無料!

error:右クリックは禁止されています。
タイトルとURLをコピーしました