かつてそれは愛だったネタバレ18話|乗りかかった船か、渡りに船か

【かつてそれは愛だった】
ネタバレ記事まとめはコチラ↓
https://www.lockergakuen.jp/katsutesoreha-matome/

かつてそれは愛だったネタバレ全話まとめ|最新話から最終回まで
...

漫画「かつてそれは愛だった」の18話のネタバレをご紹介していきます。

夫の辰雄と加奈子の妹の真理亜の、男女の関係を匂わせるメッセージのやり取りを見てしまいます。

加奈子は自分の姿が見えないことを利用して、その事実を突き止めようと考えます。

加奈子の会社に所在を確認する電話をかけてきた辰雄。

しかし、加奈子の声は届くことはありません。

その様子を心配する後輩の佐竹祥真。

仕事終わりの辰雄を尾行することにした加奈子は、自分に内緒で行動する辰雄を目の当たりにして怖気づきます。

加奈子が辰雄が乗車した電車に乗るかどうか躊躇していた時、誰かに呼び止められて…

スポンサーリンク
シルバーウィークは『読み放題』サービスがオススメ!

2021年9月18日からの長期休暇がはじまりましたね。みなさんはどんなことをして過ごされますか(^^)?


漫画がちょーーーーーーーーー大好きな私は、シーモア読み放題【漫画が読み放題なサービス】で、色々な作品を読んでく予定です♪
(コーヒーを飲みながら少女漫画を読むのが至福の時間なのです...)


はじめて利用される際は、無料お試し体験(7日間)があるので、ぜひ試してみてくださいね(個人的に超オススメです!)


無料お試し体験で使ってみる!
>> コミックシーモア公式サイト <<
※7日間以内の解約で月額料金は発生しません。

かつてそれは愛だったネタバレ 18話

前回17話のおさらい

・夫の辰雄は加奈子のことが見えない
・携帯電話のメッセージは伝わる様子
・辰雄が真理亜と連絡を取っていることが判明
・辰雄の退勤後の足取りを追う加奈子
・立ち止まる加奈子に誰かが声をかけてきて…

かつてそれは愛だったネタバレ17話|辰雄の予定と追いかけた先には…
...

かつてそれは愛だった ネタバレ 18話

対応に迫られて

辰雄が乗り込んだ電車は、自宅とは別の方向へ向かうものでした。

浮気の事実を突き止めようと思っていた加奈子ですが、これ以上は知らない方がいいかもしれないと思い始めます。

電車に乗らずに躊躇していると、ここで何をしているのかとたずねてくる声が…!

振り向くと、そこにいたのは加奈子の会社の後輩の佐竹祥真でした。

加奈子は、会社の給湯室で鉢合わせた時といい、今日はタイミングがよく合うと明るく返事をします。

加奈子が普段はいない場所にいたからか、祥真も少し戸惑っているような表情を見せます。

辰雄が乗った電車は、もうすぐ発進する時間。

乗車口の前にいる加奈子たちに、駅員の呼びかけが聞こえてきます。

祥真も、電車に乗らないのかと加奈子に確認します。

板挟みに合う加奈子

先程までの戸惑いを抱えたまま、最終的には時間や祥真に急かされるようにして電車に乗った加奈子。

同じ車両には、携帯電話を確認している辰雄がいます。

慎重にその姿をうかがう加奈子は、隣にいる祥真が話しかけてきても気付きません。

祥真は加奈子の視線の先を追うように、ぐっと距離をつめてきて加奈子が何を見ているのか聞いてきます。

加奈子は「何でもない」と言いながら、慌てて祥真の視界を絶ちます。

そして、話題を変えるため、祥真が何故ここにいるのか質問します。

祥真は、営業の仕事で取引先に行った帰りで、そのまま直帰するところだといいます。

話の流れで、加奈子がここにいる理由にも言及しなければいけなくなって…

つじつま合わせ

加奈子は、買い物をしに来たけど会社に忘れ物をしたことに気付いて戻る途中だと説明します。

忘れ物をするなんて年を取ったと、自身を不甲斐なく思っているフリをして俯きます。

乗っている電車が会社の最寄り駅も通過することをふまえて、咄嗟に話を取り繕ったため、祥真に変に思われないかどうか必死に自分の発言を思い返します。

すると、祥真は突然ふき出して、笑い始めました。

自分の2つ上の加奈子が、年齢を気にする発言をしたことがツボだったようです。

固くなっていた加奈子も、その反応に少し驚きながら安堵します。

しばらく笑った後に、加奈子はまだ若いから少しドジをしても気にすることはないと言う祥真。

今日はこの後は何もないから、加奈子に付き添ってもいいと言い出します。

そして、先輩をからかっているという加奈子の指摘に対して、そんなことはないと否定します。

たどり着いた先で

祥真と談笑している中、電車が停車。

加奈子が辰雄はどうしているのか再確認すると、先程まで居た所にはその姿はもうありません。

電車の外に視線を向けると、辰雄が階段を降りていくところでした。

今、追いかけなければ、辰雄を見失ってしまいます。

しかし、祥真に会社に戻ると言ってしまったことや、事実を知らない方が良いという考えがぶり返して来て、行動に移せません。

辰雄が行った方向を見つめながら、動きが止まってしまった加奈子。

祥真は加奈子に一声かけたあと、急に加奈子の手を引いてそのまま電車を降ります。

突然の祥真の行動に困惑した加奈子は、その理由を聞こうとします。

加奈子と一緒に行くと言ったはずだと、祥真はその問いかけを遮って…

19話へと続く。

かつてそれは愛だったネタバレ19話|察しが良ければ良いほど…届かない声
...

各話のネタバレ一覧

16話17話18話19話20話
21話22話23話24話25話
26話27話28話29話30話
31話32話33話34話35話
36話37話38話39話40話
41話42話43話44話45話
46話47話48話最終話番外編

かつてそれは愛だった18話の感想と考察

思わぬ方向から衝撃を受ける

加奈子が駅で出会ったのは、祥真でした。

お互い、普段は利用しない電車に居合わせたようです。

またしても、祥真に対して辰雄のことをはぐらかす形になった加奈子。

加奈子と距離が近く、心配するほど親密な祥真が、その不自然さに気付かないはずもありませんでした。

加奈子にとっては、衝撃の出来事が連続していて、まだまだ落ち着くことは出来ないでしょう。

祥真の機転?

加奈子が辰雄を追っていることに、祥真は気がついていたのでしょうか。

だとすると、忘れ物をしたという加奈子の話に笑った理由も、意地を張ってウソをつく加奈子に対するものだったかもしれません。

加奈子の会社に辰雄が電話をしてきたことについて追及した際に、プライベートなことに踏み込んで加奈子に拒絶された祥真は、自分からはその話をしないと決めたのだと思われます。

なんでもないと装いながらも、辰雄のことで加奈子が顔を強張らせているのを見ていられなくなったのか、最後は協力する姿勢を見せました。

何も知らないはずなのに、加奈子の言動だけで全てを見通したのだとしたら、それは祥真の器用さでもあり、加奈子への特別な想いがあるようにも感じてしまいます。

『かつてそれは愛だった』の最新話を今すぐ無料で読む方法

『かつてそれは愛だった』は、comicoとコミックシーモアで読むことができます。

シーモア読み放題は、初回に限り無料トライアル期間(7日間)が用意されているため気軽に利用できます。

残念ながら『かつてそれは愛だった』は読み放題の対象ではありませんが、1〜10話までは無料で読めます。

かつてそれは愛だった読める巻数価格実際にかかる費用
comico全話51円51円
コミックシーモア全話55円55円

似たような不倫系の漫画を読みたい場合は、以下でご紹介する電子書籍ストアも検討されてください。

『かつてそれは愛だった』を配信している電子書籍配信サービス

『かつてそれは愛だった』を配信している電子書籍配信サービスは以下の通りです。

配信サービス配信状況特徴
※当サイト激推し!×30日間無料
1350ポイント付与
コミック.jp公式サイトへ
×31日間無料
アニメ・ドラマも充実

U-NEXT公式サイトへ
×国内最大級の配信サービス
50%ポイントバック
マンガ王国公式サイトへ
7日間無料
読み放題サービス
コミックシーモア公式サイトへ
×30日間無料
600ポイント付与
music.jp公式サイトへ
×無料マンガが豊富
3,000円割引クーポン
ebookjapan公式サイトへ
×2週間無料
最大900ポイント付与
FOD公式サイトへ

上記表の中で「◎」のマークがついているサービスなら、『かつてそれは愛だった』を読むことができます!

  1. 7日間の無料お試し期間あり
  2. ランキング上位の作品も読み放題対象!
  3. 少女漫画TL・BLも豊富なラインナップ
    ※詳細は公式サイト(https://yomiho.cmoa.jp/)でチェック!

\ 読み放題でストレスフリー /
『かつてそれは愛だった』をシーモアで読む
無料登録から7日間は完全無料!

error:右クリックは禁止されています。
タイトルとURLをコピーしました