怪談ルゥプネタバレ8話|目のない女に襲われる梓!そこへ光る数珠が現れ…

【怪談ルゥプ】
ネタバレ記事まとめはコチラ↓
https://www.lockergakuen.jp/kaidanloop-matome/

怪談ルゥプ(漫画)ネタバレ全話まとめ|最新話から最終回まで!試し読みは?
...

漫画「怪談ルゥプ」の第8話のネタバレをご紹介していきます。

井戸の底で「目のない女」に襲われる梓。後を追ってきた厘多郎が数珠で女を縛って、なんとか祓うことに成功します。

女が消えた後に、石壁の中に残されていたのは……

スポンサーリンク

\ 1350円分タダで読める! /
漫画を無料で読むならコミック.jp
無料登録から30日間は完全無料!

怪談ルゥプネタバレ第8話 何があっても

前回7話のおさらい

  • 梓たちは「めかり」の故郷を訪れる
  • 「めかり」は「タヅ」と「ヤエ」という姉妹だった
  • 「目狩り」ではなく、「目借り時」のこと
  • 「大切な物」を探しに井戸へ降りる梓
  • 井戸の壁から「目のない女」が出てくる
怪談ルゥプネタバレ7話|めかりとは目借り時のこと?村で目のない女に遭遇する
...

怪談ルゥプネタバレ第8話

「目のない女」を厘多郎が祓う

突然に現れた「目のない女」に、梓は悲鳴を上げて後ずさりします。

そのとき、女の前に光る数珠が網を作りました。厘多郎が井戸に降りてきてくれたのです。そのまま女と梓の間に割りこんで守ってくれる厘多郎。

ロープをずり落ちてきた厘多郎は、手のひらをすりむいていました。それに気が付いた梓は、心配そうに目を見開きます。

しかし、厘多郎は冷静に敵と向かい合いながら話しました。

トラックのときと同じように、呪いを消されないように虫が邪魔をしているのだ、と。「めかり」の心残りを消されたら、虫は「恐怖」というエサを作るための怪異を生み出せなくなるからです。

厘多郎の言葉を証明するように、目のない女の姿が消えました。虫が、井戸を守るのを諦めたようです。

しかし、逃がさないと宣言した厘多郎は、石壁の横穴にドプンと手を突きいれました。そしてそのまま虫の本体を掴んで引きずりだします。

そして「捕まえた!」と喜ぶ梓の目の前で「戴きます」と虫を祓う宣言をしました。

ハッとした梓は、厘多郎の虫の祓い方を思い出します。

グロテスクな虫をブチュグチャと食べるようすを見たくないと悲鳴を上げながらも、どうしても気になってしまってチラリと眺める梓。

すると、意外なことに虫の姿は変化していました。しかも、厘多郎が両手で抱えるほど巨大なパフェの形になっていたのです。

その特徴的な形は、横浜で超人気カフェの特製「マリンタワーパフェ」だと気が付く梓。

そういえば幼馴染の椎野と一緒にいたときに、ショーウィンドーに飾られていた特製パフェを「これ高さ50cmだってよ」と見せられて、何キロカロリーあるのかと怖く思ったことがあった、と思い出します。

そのパフェの形をした虫をパキッグチャッと食べる厘多郎は、これは虫が最後の抵抗に、梓の中にある「強い思い」で生み出した「怪異」ですね、と説明するのでした。

呪いを解かれた梓

ふたたび「めかり」の村落へ戻ってきた梓と厘多郎は、「タヅ」と「ヤエ」の墓の前に来ました。

厘多郎が持っている箱は井戸の横穴で見つけた、「めかり」の探し物です。中には婚礼の際に羽織る「打掛」が入っていました。

その美しい布地を見ながら、結婚する前に殺されたのかな、と可哀そうに思う梓。

厘多郎は墓の前に打掛を置くと、「呪いとはいえ彼女たちも『虫』の犠牲者。悲しい思いを残さず天に昇ってほしいです」と両手を合わせます。

梓も同じように手を合わせながら、怖かったけどタヅさんとヤエさんがやすらかに眠れるように、と祈るのでした。

そして、いよいよ梓の命の期限である午前0時が近づきます。ソワソワする梓に、怖いならそばにいますよと優しく寄り添ってくれる厘多郎。

そして、ついに午前0時が訪れます。無事に生きている梓の姿に、厘多郎は「解呪完了です」と告げます。

しかし帰り道の途中で梓は気が付きました。梓は明日を生きることができますが、厘多郎はまだループしたままです。

明日になれば厘多郎はいない。これでお別れなんだと理解した梓は、あらためて「ありがとうございました」とお礼を言うのでした。

なぜかまだループしている

気が付けば、梓は自分のベッドの上にいました。

昨日の記憶があいまいで、全部夢だったのかと疑いながらも梓は学校へ向かいます。

しかし家を出るときに会った幼馴染の椎野は、昨日と同じ行動をしていました。

ゾッとした梓は、急いで黒星神社へ向かいます。井戸を写しますが、写真の中に女の姿はなくたしかに「井戸の呪い」はもうありません。

それなのに、なぜ今日をくり返しているのか。

呆然としている梓に、厘多郎が駆け寄ってきました。

深刻な顔をした厘多郎は、梓もまたループする一日に囚われてしまったのだと告げます。

おそらくトラックの事故の時に、死ぬはずだった厘多郎を助けたことがきっかけだろうと話す厘多郎。

彼も、溺れかけた黒猫を助けたために、ループに囚われたのだと言います。

あまりの展開に座り込んでしまう梓。そんな彼女の姿に、厘多郎は「必ずあなたを連れて抜け出します」ときっぱりと宣言しました。

そして場所は変わって、そこは無数の人形が置かれた見知らぬ部屋。

長い黒髪でだらりと顔が隠れた人形に囲まれた中心には、着物の女が座っています。

そして薄暗い部屋の中で、カタッと小さく動くのでした。

9話へと続く。

怪談ルゥプネタバレ9話|新しい怪談「たまぐし」!歳を取らない一族・犬飼家とは
...

怪談ルゥプ第8話の感想と考察

ついに「めかり」の呪いが解ける

最後には、井戸に戻って呪いを解いた梓と厘多郎。「めかり」が探していた「大切なもの」とは「打掛」だったんですね。ついに消滅したタヅとヤエに手を合わせるとは、梓と厘多郎の優しさが染みる話でした。

しかしループは終わらない

ホッとしたのも一瞬で、なぜか梓はループしたままです。そして最後のページで出てきた、意味ありげな女の姿。ループから抜け出すために、次はこの女を祓う展開になりそうです。

各話のネタバレ一覧

1話2話3話4話5話
6話7話8話9話10話
11話12話13話14話15話
16話17話18話19話20話
21話22話23話24話25話
26話27話28話29話30話
31話32話33話34話35話
36話37話38話39話40話
41話42話43話
error:右クリックは禁止されています。
タイトルとURLをコピーしました