怪談ルゥプネタバレ36話|梨絵の大叔父と弟!新しい怪談しらがみとは?

【怪談ルゥプ】
ネタバレ記事まとめはコチラ↓
https://www.lockergakuen.jp/kaidanloop-matome/

怪談ルゥプ(漫画)ネタバレ全話まとめ|最新話から最終回まで!試し読みは?
...

漫画「怪談ルゥプ」の第36話のネタバレをご紹介していきます。

ルゥプするたびに絵が変わる掛け軸に注目した梓たちは、描いた画家を調べることに。

生家へ向かった梓たちが出会ったのは、犬耳のような髪型をした子供たちで……

スポンサーリンク

\ 1350円分タダで読める! /
漫画を無料で読むならコミック.jp
無料登録から30日間は完全無料!

怪談ルゥプネタバレ第36話 しらがみ

前回35話のおさらい

  • 掛け軸を描いた「藤沼青司」を調べる
  • 青司の生家を訪れる梓と厘多郎
  • 途中の神社で、狼に詳しい少年に出会う
  • 藤沼家からは何も話を聞けなかった
  • 梨絵と名乗る少女に声をかけられる
怪談ルゥプネタバレ35話|画家の藤沼青司を探す梓たち!藤沼家と少年少女
...

怪談ルゥプネタバレ第36話

梨絵が語る大叔父と弟

梨絵は藤沼家当主である貴子の娘でした。そして厘多郎の問いに答えて、大叔父の藤沼青司のことを教えてくれます。

青司は、梨絵の祖父の「弟」。画家になることを反対されて東京へと出ていき、それから藤沼家には帰らないままで、生死すら分かっていないそうです。

梨絵は大叔父が描いた絵が大好きだと嬉しそうに言うと、梓たちにも納戸にある女性の絵を見せてあげたいと話します。

屋敷の窓に見えた少年は梨絵の弟の「修司」。3歳下で10歳になるそうです。

弟はこの家の当主になるの、と語り終えると、梨絵はどこか恍惚とした表情で立ちあがります。

今日は母の手伝いがあるからそろそろ行かなきゃ、とつぶやくと、話を切りあげてしまいました。

新しい怪談「しらがみ」

梨絵と別れたあと、梓は友人の椎野からのメッセージに気が付きました。

「横浜怪談」が更新されているという情報に、さっそく読んでみる梓。

そのタイトルは「しらがみ」でした。

『横浜のとある町にあるF家という旧家。そのF家は代々呪術を使ってしらがみを当主に憑かせて繁栄してきました。

しかし昭和の中期の当主は自分が<しらがみ>憑きになるのを恐れて、「自身の弟の身内を差し出す」と<しらがみ>に約束します。

数年後、当主は結婚して子供ができましたが、生まれた子供に<しらがみ>が憑いてしまいます。

当主は「裏切られた」と半狂乱になり、妻と子供、そして自分自身の命を絶ちました。

読み終えた梓と厘多郎は違和感を覚えます。

肝心なことが書かれていなくて、なにかを隠しているようだと話す梓に対し、厘多郎も気になる点を指摘します。

F家が「藤沼家」のことだとすると、当主の「弟」とは「藤沼青司」かもしれません、と。

そして、「憑く」とはどういうことなのかを知らない梓に、厘多郎が説明します。

「憑かせる」とは、霊的な存在と契約を結んで家を繁栄させること。また、そういう家は憑き物を使うことで被害を及ぼすと思われていて、近隣から嫌われることもあるそうだ、と。

話を聞いた梓は、「自分と関わると不幸になる」と修司が言っていたことを思いだします。

いっぽうで厘多郎は藤沼家に戻ることを決意します。

実は、藤沼家から、かすかに虫の気配がしていたのです。新しい怪談が投稿されたことと関係があるかもしれません。

梓と厘多郎は藤沼家へと走りました。

変貌した修司

玄関から現れたのは梨絵でした。それも体中に血を浴びた姿で梓たちの前に立ちます。

必死の表情をした梨絵から弟の修司を助けてくれとお願いされて、梓と厘多郎は急いで家へ上がりました。

すると床には地下の階段から繋がる梨絵の血の跡が。

その地下で、今日で10歳になる修司が藤沼家の当主になる儀式をしたと梨絵が話します。

強い虫の気配を感じた厘多郎が地下室を開けると、中から転がってきたのは貴子の首。

母親の無残な姿に梨絵が悲鳴を上げると、彼女を襲うように部屋の扉が吹きとんできます。

その奥から現れたのは、巨大な人狼でした。

37話へと続く。

怪談ルゥプネタバレ37話|人狼の正体は修司!厘多郎と梓は襲われて...
...

怪談ルゥプ第36話の感想と考察

現れた人狼の正体は?

梨絵の明るい笑顔は、怯えた修司や冷たい貴子とはまったく違って、ホッとする要素でした。と思っていたところで急に事件が起こってしまいます。狼のような髪型をした修司が儀式を行っていた地下室。そしてそこから現れた人狼。この獣は、もしかしたら修司が変化した姿なのでしょうか。

新しい怪談「しらがみ」の意味とは

これまで何度もループをくり返してきた梓と厘多郎が感じた違和感は、どこにあるのでしょうか。
そして弟の身内に憑かせたはずの<しらがみ>が、当主の子供に現れたという話。絶望した投手が「うらぎられた」と叫んだ相手は、もしかしたら<しらがみ>ではなく妻だったのかもしれません。

各話のネタバレ一覧

1話2話3話4話5話
6話7話8話9話10話
11話12話13話14話15話
16話17話18話19話20話
21話22話23話24話25話
26話27話28話29話30話
31話32話33話34話35話
36話37話38話39話40話
41話42話43話
error:右クリックは禁止されています。
タイトルとURLをコピーしました