怪談ルゥプネタバレ3話|羽化した虫と戦闘に!二人は協力して戦い…

【怪談ルゥプ】
ネタバレ記事まとめはコチラ↓
https://www.lockergakuen.jp/kaidanloop-matome/

404 NOT FOUND | マンガ学園
漫画の最新ネタバレと無料で読む方法をまとめました!

漫画「怪談ルゥプ」の第3話のネタバレをご紹介していきます。

神社で出会った厘多郎という男は祓い屋だと名乗り、梓は疑いながらも「虫」による呪いを解いてもらいます。

無事に祓えたと安心した次の瞬間、巨大になった「虫」が二人の前に現れて……

スポンサーリンク

\ 1350円分タダで読める! /
漫画を無料で読んでみる
登録から30日間は完全無料!

怪談ルゥプネタバレ第3話 成虫

前回2話のおさらい

  • メールに従って神社へ向かう梓
  • そこで会った唐木厘多郎は、祓い屋だと名乗る
  • 井戸の怪異を食べて祓う厘多郎
  • しかし怪異が大きくなりすぎて反撃されてしまう
  • 『羽化』してしまったとつぶやく厘多郎
怪談ルゥプネタバレ2話|唐木厘多郎と名乗る人物!そして虫の羽化が始まる
...

怪談ルゥプネタバレ第3話

「虫」を攻撃する数珠

梓を空中で捕らえた巨大な「虫」は、無数の眼を付けた丸い頭部と白い着物を着た異様な姿をしています。

そして大きな目玉をぐぱあ、と開くと、そこからさらに次々と恐ろしい化け物を吐きだして、梓を襲わせます。あまりの恐怖に悲鳴を上げる梓。

その様子を地上から見ていた厘多郎は、まずい、と顔を引き締めます。

怪異は人間の恐怖を食べて力にするもの。梓が怖がれば怖がるほど、「虫」は強力になってしまいます。

数珠を構えなおした厘多郎が呪文のような言葉を唱えると、数珠の球が飛び散ります。そして巨大な虫の周りを囲んで、糸のようにお互いに繋がりました。

その蜘蛛の巣のような形に梓が驚いているうちに、数珠が「虫」の身体を切断して梓を自由にしてくれました。

勢いよく地上に落ちていく梓ですが、数珠が作った蜘蛛の巣がしっかりと受け止めてくれます。

数が増えた数珠で祓う

無事に厘多郎の待つ地上へと帰ってきた梓。そんな梓に、厘多郎は巻きこんでしまったことを謝ります。そしてすぐにでも逃がしてあげたいが、離れると危ないから近くにいろと告げます。

厘多郎は逃げないのかと尋ねる梓に、真剣な表情で答える厘多郎。

ここで対処しないと、虫はさらに強力になる。そして横浜は怪異と虫に覆われて、呪いの街になってしまうのだと。

そして厘多郎は、さらに梓にお願いをします。

怖がると虫が強くなってしまうので、怖がらないでほしい。数珠で結界を張って梓を守るから、厘多郎があの虫を食べるのを待っていてくれ、と。

そして厘多郎は、必ず祓うと宣言して虫へと向かっていきます。

残りの数珠を使って虫の動きを封じる厘多郎。しかし、これなら押さえられそうだと思った次の瞬間に、数珠の網を弾き返されてしまいます。

それどころか、操っていた腕ごと数珠を吹きとばされてしまう厘多郎は、神社の灯篭に激突してしまいます。

そんな厘多郎の姿に、梓は気がつきました。梓を守っている分だけ、数珠の数が足りないのでは、と。

そして、なんとか立ち上がった厘多郎の足元へと自分を守っていた数珠を転がします。

厘多郎は虫を押さえながらも梓を心配しますが、梓は「私のことはいいから数珠を使って」と叫びます。

結界が無くなった梓へ、すぐにせまってくる目のない女の霊。怖ガレ、と脅す女に対し、梓は必死に自分に「怖くない……」と言い聞かせます。

そして、私はもっと怖い「怪談」をたくさん知っている、と梓が叫んだ瞬間に、厘多郎が増えた数珠を虫へと放ちます。

数珠の網で虫の頭部をねじり切ると、「戴きます!」と叫んで噛みつきました。

断末魔の悲鳴とともに消えていく虫。

厘多郎は「ご馳走様でした」と両手を合わせるのでした。

帰れない梓

今度こそ本当に怪異が消えたのを確認すると、梓の目に涙が浮かびます。

ホッとした梓は、思わず厘多郎に抱き着いてしまいます。無事に守れて良かった、と微笑む厘多郎。

梓は改めて礼を言います。厘多郎がいなかったら死んでいたかもしれない。お礼をしたいけど、今は手持ちがないから一度帰ってから連絡する、と話を続けます。

しかし厘多郎は、礼はいらないと言いながらも、冷たい表情で梓を凝視します。

そして、事情が変わった、と告げると同時に、さっきまで虫を捕まえていた数珠の網で今度は梓を縛りあげました。

どういうことなのかと混乱する梓へ、厘多郎は冷静に「帰すわけにはいかなくなりました」と告げるのでした。

4話へと続く。

怪談ルゥプネタバレ4話|厘多郎が梓を帰せなくなった理由!横浜怪談とめかり
...

怪談ルゥプ第3話の感想と考察

無事に怪異を祓った厘多郎

初登場したときから厘多郎がずっと持っていた数珠には、こんな使い方があったんですね。巨大に成長した虫も倒した厘多郎。うっかりした一面とは違って、怪異を祓う実力は高く、頼れそうです。

梓が帰れない理由とは

せっかく怪異が無くなったのに、家に帰れそうにない梓。

厘多郎は、戦いの途中では「今すぐ逃がしてあげたい」と言っていたのに、どうして意見を変えてしまったのでしょうか。怪異を「怖くない」と言い切った梓の意識の変化と関わりがあるのかもしれません。

各話のネタバレ一覧

1話2話3話4話5話
6話7話8話9話10話
11話12話13話14話15話
16話17話18話19話20話
21話22話23話24話25話
26話27話28話29話30話
31話32話33話34話35話
36話37話38話39話40話
41話42話43話
error:右クリックは禁止されています。
タイトルとURLをコピーしました