怪談ルゥプネタバレ28話|ふなしらを倒した厘多郎たちは赤ん坊の世話へ

【怪談ルゥプ】
ネタバレ記事まとめはコチラ↓
https://www.lockergakuen.jp/kaidanloop-matome/

怪談ルゥプ(漫画)ネタバレ全話まとめ|最新話から最終回まで!試し読みは?
...

漫画「怪談ルゥプ」の第28話のネタバレをご紹介していきます。

いつものようにループした梓は、教室で「横浜怪談」をチェックしています。

更新がないことにがっかりした梓に、椎野が頼みごとをしてきました。

「お前、赤ん坊とか興味ある?」と……

『怪談ルゥプ』絵付きで読むなら
U-NEXTが断然おすすめ!

\ お試しで600ポイントGET!! /
『怪談ルゥプ』をU-NEXTで読む
31日以内の解約で完全無料!

スポンサーリンク

\ 1350円分タダで読める! /
漫画を無料で読むならコミック.jp
無料登録から30日間は完全無料!

怪談ルゥプネタバレ第28話|あけちご

前回27話のおさらい

  • ついに<ふなしら>を倒した厘多郎
  • 姿を現した少年は、最初のいけにえだった
  • ホテルを訪れた梓たちを澪は覚えていない
  • 「神」と戦えた厘多郎のすごさを実感する梓
  • 掛け軸が<ふなしら>の絵に変わっている
怪談ルゥプネタバレ27話|ふなしらの正体は生贄の子だった!?
...

怪談ルゥプ第28話ネタバレ

赤ん坊のお世話を手伝いに行く梓

<ふなしら>を祓った梓は、いつものようにループした日常を過ごしています。

なにかループの鍵は見つからないかと、教室で「横浜怪談」を

チェックしますが、あいにく更新がありません。

怪異がないなら遠野教授のことを調べようか、とため息をつく梓に後ろから声がかけられました。

「頼みがあるんだけど」と話しかけてきた椎野が、照れながら「お前、赤ん坊とか興味ある?」と言った言葉に、教室中がシンと静まりかえるのでした。

学校から帰りながら、椎野があらためて事情を説明します。

従妹のお姉さんに赤ん坊が生まれたのですが、夫が海外赴任していて赤ちゃんと二人きりなのだそうです。

椎野の母が心配して電話をかけると、赤ちゃんが泣き止まないと気にしていて育児ノイローゼのようにも思えます。

それで様子を見てきてほしいと椎野が頼まれたのですが、梓にも一緒に来てほしいと頼んでいるのでした。

梓は、厘多郎も弱い虫を探して力を蓄えているし、と考えながら椎野の手伝いをすると決めます。

それに椎野からの頼まれごとは、ループの中では初めてです。

もしかしたら怪異と関係があるかも、と考えながら、椎野の従妹である「津島弥生」の家を訪ねるのでした。

従妹の家から妙な気配を感じる

ところが家の門に近づこうとすると、急に椎野が苦しみはじめます。

ひどい寒気がするという椎野の顔は真っ青で、呼吸も荒く、近くの電柱に寄りかかるしかないほどの苦しみかたです。

梓は、椎野の感覚が鋭かったことを思い出しました。

そして椎野に、従妹の弥生も勘が鋭い人ではなかったかと尋ねます。

すると、やはり椎野と弥生だけが親戚の中でも変な気配を感じることがあったと答える椎野。

梓は、怪異が関係していると確信します。

そして、もう椎野を巻きこみたくないと考えると、今日は梓だけで訪問することを提案しました。

危ない気配を感じていた椎野は、梓を引き留めようとしますが、弥生さんのことが心配でしょうと逆に説得する梓。

こうして、梓が一人で弥生の家を訪ねることになったのでした。

とても普通の見かけをしている弥生

チャイムを鳴らすと、迎えてくれたのは弥生本人でした。

彼女にまで迷惑かけてごめんね、と言われた梓は、彼女じゃないと慌てます。

そしてリビングへと通された梓は、部屋の中を見てハッとした顔をしました。

そこには、テーブルに並べられた美味しそうなケーキが。

スイーツ好きの梓は、さっそく目を輝かせてケーキを食べるのでした。

今日は何でもお手伝いします、と言う梓に対して、いつもは子供の蒼太と二人だけだから遊びに来てくれて嬉しい、と答える弥生。

元気そうな弥生のようすに、梓はホッとします。

しかし話が子供の蒼太のことになると、弥生は顔を曇らせました。

先週、夫の実家に顔を見せにいってから、蒼太のようすがおかしいのです。

ずっと泣いているばかりではなく、朝になると体に土がついているといいます。

まだ赤ん坊の蒼太が一人で庭に出るわけもないし、部屋の中に観葉植物もおいていません。

どうしてだか分からない、という弥生の言葉を聞いているとき、梓のスマホに兄からのメールが届きました。

「横浜怪談」が更新されたというのです。

弥生が蒼太の様子を見に行く間に、新しい怪談をチェックする梓。

今回は<あけちご>という話です。

横浜のP区には「津浦」という集落がありました。

そこには<あけちご>と呼ばれる奇妙な風習があったといいます。

生まれた赤ん坊に額と手の甲に朱印を描くと、病気をしないで健康に育つそうなのです。

しかし昭和の初めころに嫁いできたある嫁は、その風習を気持ち悪がってしませんでした。

すると、朝になると赤ん坊の手や着物に土がつくようになったそうです。

嫁が夜中に見張っていると、赤ん坊は真夜中になると布団から這い出して墓地へ行き、手で穴を掘りはじめました。

嫁が思わず声をかけると、振り向いた赤ん坊は濁った眼をしていてこの世のものとは思えない顔をしていたそうです。

翌朝、やはり赤ん坊に土がついているのを見た嫁は、夫へ昨夜見たことを話しました。

しかし夫は悲しそうに「子供はもう五日前に死んでいる。埋葬した子をお前が掘り起こして抱いて寝ているんだ」と言いました。

嫁は赤ん坊の土気色をした遺体を見て、悲鳴を上げて泣いたそうです。

話を読み終えた梓は、弥生の話と似ていることにゾッとします。

そして弥生がなかなか帰ってこないのに気が付きました。

考えてみれば、この家を訪問してからまだ蒼太を見ていません。

まさか、と思う梓。

そのころ、梓が待つリビングへと、蒼太を抱いた弥生が暗い廊下を進んでくるのでした。

29話へと続く。

怪談ルゥプネタバレ29話|庭に埋められた人形に蒼太の名前が
...

怪談ルゥプ第28話感想

今回の怪異<あけちご>とは

また新しい怪談が始まりました。小さな赤ちゃんが登場したことから、今回の<あけちご>とはおそらく赤ん坊にまつわる怪異なのでしょう。
前回に引き続き子供の犠牲者が出る話になるのでしょうか。

蒼太は生きているのか

怪談のとおりなら、蒼太はすでに死んでいると思われます。そして怪異を起こすのは、母である弥生の子供への愛情なのでしょう。まだ厘多郎も到着していないうちから虫の怪異に襲われるとしたら、梓はそうとう危険な状況になるのではないでしょうか。

各話のネタバレ一覧

1話2話3話4話5話
6話7話8話9話10話
11話12話13話14話15話
16話17話18話19話20話
21話22話23話24話25話
26話27話28話29話30話
31話32話33話34話35話
36話37話38話39話40話
41話42話43話
error:右クリックは禁止されています。
タイトルとURLをコピーしました