怪談ルゥプネタバレ25話|梓が自分を盾に奮闘し、厘多郎が覚醒す!

【怪談ルゥプ】
ネタバレ記事まとめはコチラ↓
https://www.lockergakuen.jp/kaidanloop-matome/

怪談ルゥプ(漫画)ネタバレ全話まとめ|最新話から最終回まで!試し読みは?
...

漫画「怪談ルゥプ」の第25話のネタバレをご紹介していきます。

梓と厘多郎の前にふたたび現れた虫の群れ。

神社への被害を避けるために岸壁へ移動した二人ですが、虫は尽きることなくどこまでも沸いてきます。

いくら祓ってもきりがないと悟った厘多郎は……

『怪談ルゥプ』絵付きで読むなら
U-NEXTが断然おすすめ!

GANMA!(18〜26話)掲載分
U-NEXTの『怪談ルゥプ⑶』で読めます!

\ お試しで600ポイントGET!! /
『怪談ルゥプ』をU-NEXTで読む
31日以内の解約で完全無料!

スポンサーリンク

\ 1350円分タダで読める! /
漫画を無料で読むならコミック.jp
無料登録から30日間は完全無料!

怪談ルゥプネタバレ第25話|覚悟

前回24話のおさらい

  • 溺死して、今回もループした梓
  • ふたりで「神」に立ち向かおうと厘多郎を説得する
  • 神社の文献から、海へいけにえを捧げていたことを知る
  • 「柱」とはいけにえの意味も持つ
  • 梓と厘多郎に、虫がふたたび襲いかかる
怪談ルゥプネタバレ24話|岬町の神社で文献を見る二人!横浜岬村誌とは?
...

怪談ルゥプ第25話ネタバレ

大量の虫を岸壁へと誘導する

神社の鳥居に立つ梓と厘多郎の元へ押し寄せる大量の虫。

まるで波のように途切れなく続く虫の群れに、梓は悲鳴を上げました。

二人をめがけて移動してくる虫に顔をしかめた厘多郎は、神社で争ったら宮司にも危害が及ぶと判断して、離れた場所へと駆けだしました。

必死に走る二人を虫の群れは素早く追ってきます。

しかも、群れが通った後の木や岩はすべて食べられてボロボロになっているのです。

捕まったら、あんなふうに殺されるとゾッとする梓。

ようやく岸壁へたどり着くと、厘多郎は梓に隠れているように指示します。

そして襲い掛かった虫へと、前回のように数珠の網を広げました。

虫だけならば祓いながら減らせるはずだと思いながらも、よみがえる相手にはこの方法では不利になると判断する厘多郎。

しかも、虫たちの背後からは<ふなしら>が近づいている気配も感じます。

そのためにも、早く虫をどうにかしなければと厘多郎は焦ります。

そうしなければ、また梓が殺されてしまうからです。

次々と虫を網でとらえては、巨大な球体にして食べて祓っていく厘多郎。

何度もくり返し祓いつづけますが、ふと目を上げると、そこには海面を真っ黒に埋めつくすほど押し寄せる虫の大群が。

あまりの光景に、次はどうすればいいのか、厘多郎は呆然としてしまいます。

そのとき、思わず力が抜けてしまった厘多郎の背後から、別の虫の群れが現れました。

そして、厘多郎の背中に突撃します。

その衝撃に、地面に倒れてしまう厘多郎。

今回もダメなのか、とあきらめかけた背中へ虫が攻撃をしかけました。

梓が自分を盾にしながらがんばる

そのとき、「うわあああッ」と叫びながら梓が走ってきました。

そして厘多郎に襲いかかる虫に自分のコートを押しつけると、地面に叩きつけます。

ブチブチと伝わる感触に「いやーっ潰しちゃった」と叫びながらも、残りの虫たちへブンブンとコートを振り回して追い払おうとしています。

その姿に、思わず起き上がった厘多郎。

驚いていましたが、「早く祓って!」と梓に言われるがままに数珠を握ると、光の網を張って虫を防ぎます。

厘多郎は大声で、虫に向かうなんて無茶だ、と梓を怒ります。

ですが梓は恐怖に震えながらも、盾にしろと言ったから有言実行した、と笑ってみせました。

そして、少しでも厘多郎の手助けがしたいと語った梓は、<ふなしら>を祓えるかもしれないから死んではダメだ、と厘多郎を勇気づけます。

その言葉にハッとした顔をする厘多郎。

梓が「今回」で解決しようとしている決意を感じた厘多郎は、自分が弱気になってどうする、と考え直すと数珠を強く握ります。

「次回」でどうにかしようと逃げてはダメだ。

厘多郎は考えると、前に立ってふたたびコートを広げていた梓を後ろへ下がらせるのでした。

厘多郎が秘めた力を解放する

前面に出てきた厘多郎めがけて、虫たちがザアアと一斉に襲いかかろうとしました。

思わず身を縮める梓の前で、厘多郎が今までとは違う呪文を唱えました。

すると数珠から生まれた光の球がパキンと音を立てながら次々と広がっていき、カッとまばゆい光を放ちます。

それと同時に厘多郎の体からは、ものすごい炎が上がりました。

目を開けた梓は、突然の炎に驚きながらも、自分の体が燃えていないことに混乱していました。

これは何なのか尋ねようと厘多郎を見ると、厘多郎の背後には巨大な蜘蛛の形をした炎の光芒が現れています。

そして全身から炎を吹きあげながら、構えをとっているのでした。

しかし、その顔は苦しそうに歪んでいます。

久々に使ったその技は、力の消費がとんでもないのです。

今までのお祓いは取りこんだ虫の力を調整して行っていましたが、この使い方は力を調整しないまま全部燃やすことで、一時的に強い力を引き出すのです。

そして厘多郎が「奔れ!」と叫ぶと、光が虫の大群をすべて消しとばします。

その光景に、梓は「すごい……これなら神様にだって」と呟きますが、厘多郎は、この力は十数分しか持たないと説明するのでした。

これを発動すると、今までに蓄えた虫の力を燃やし尽くして空になってしまう。

つまり、厘多郎の祓う力は今回でほぼ無くなってしまうのです。

そのためにも「今回」で<ふなしら>と決着をつけると力強く叫ぶ厘多郎の前に、ついに<ふなしら>の本体が現れました。

26話へと続く。

怪談ルゥプネタバレ26話|ふなしら攻略戦へ!梓は注意気を引くため囮に
...

怪談ルゥプ第25話感想

無力だけど強い梓

今回の驚きは、コートで虫をブチブチと潰してしまう梓でした。祓う力はないのに、物理的に立ち向かっていくとは強いですね。
それもすべて、厘多郎を守るため。そして今回で<ふなしら>を祓おうという決意の強さです。悪い意味で「死」に慣れてしまった厘多郎を元気づける、良いコンビだと言えます。

まるで蜘蛛のような厘多郎の新技

そしてこちらも驚きだったのは、厘多郎の見せた新しい技です。今までは数珠から発した光の網で虫を捕まえたりねじ切っていた厘多郎ですが、この蜘蛛の脚のような形の技は、さらにパワーアップしています。次の話で決着がつくのでしょうか。

各話のネタバレ一覧

1話2話3話4話5話
6話7話8話9話10話
11話12話13話14話15話
16話17話18話19話20話
21話22話23話24話25話
26話27話28話29話30話
31話32話33話34話35話
36話37話38話39話40話
41話42話43話
error:右クリックは禁止されています。
タイトルとURLをコピーしました