異世界女王と転生デザイナーネタバレ25話|イケメン騎士レンの正体と女王の思惑

【異世界女王と転生デザイナー】
ネタバレ記事まとめはコチラ↓
https://www.lockergakuen.jp/isekaijoou-matome/

異世界女王と転生デザイナーネタバレ全話まとめ|原作最新話から最終話まで
...

漫画「異世界女王と転生デザイナー」の25話のネタバレをご紹介していきます。

女王はエナンとユーリの事について、業務の終わった自室で語り合う。

女王は結果的に衰退する鍛冶屋に、新しい仕事が出来たと喜ぶのだった。

後日、レンこと側近エナンと一緒に昼食を取るために待つユーリ。

ユーリはレンの正体が、エナン・ライオンハート公爵であることを確認。

ユーリは昼食の場で、女王から賜った姓が2人目である事、春の大宴会で叙勲式がある事を知る。

そして、ユーリ自身の大宴会の衣装と、エナンの分の制服を作る事になったのだった。

スポンサーリンク
シルバーウィークは『読み放題』サービスがオススメ!

2021年9月18日からの長期休暇がはじまりましたね。みなさんはどんなことをして過ごされますか(^^)?


漫画がちょーーーーーーーーー大好きな私は、シーモア読み放題【漫画が読み放題なサービス】で、色々な作品を読んでく予定です♪
(コーヒーを飲みながら少女漫画を読むのが至福の時間なのです...)


はじめて利用される際は、無料お試し体験(7日間)があるので、ぜひ試してみてくださいね(個人的に超オススメです!)


無料お試し体験で使ってみる!
>> コミックシーモア公式サイト <<
※7日間以内の解約で月額料金は発生しません。

異世界女王と転生デザイナーネタバレ25話

前回、24話のおさらい

・いよいよユーリは、女王への新制服のプレゼンを開始
・縫い留める必要の無い斬新な構造の服に、女王は感嘆する
・ファスナー金具を見た女王は、1目でバレンシア鍛冶師の作品だと気づく
・ファスナー等の新技術を認め、ユーリに特許料を払うと約束する女王
・ユーリは、クロード姓と準男爵の身分と内政諮問官の役職を賜る

異世界女王と転生デザイナーネタバレ24話|謁見するユーリ達と女王と新しい服
...

ネタバレ25話

女王とエナンはユーリの手腕を評価する

1日の業務を終え、部屋でくつろぐ女王と側近のエナン。

意外だなと、ユーリが提示した紙で出来た服のパターンを見ながら、女王はつぶやきました。

それはこちらのセリフだと、エナンは女王に返します。

女王は、エナンの望んでいた通りの展開に、何が意外だったんだと問う。

連れてきたからには放っておけないと思い、鍛冶屋にまで連れて行くなど、ユーリに手を貸すエナンも意外だと話す女王。

そして、服職人が鍛冶からファスナーを考え出したのが、特に予想外だったと言いました。

それに対してエナンは、バレンシアの現状を説明し案内しただけで、アイデアは完全にユーリのものですと説明しました。

それに、とエナンは続けます。

ファスナー金具を見ただけで、鍛冶師コリンの作品だと気づく女王はさすがでした。
自身の手足となって働いた人間は忘れないと、女王は微笑みながら話を続けます。

コリンを隠居させる訳にはいかなくなったし、設備を改修する名分も得た。

女王はすこぶる上機嫌でした。

その女王にエナンは、ユーリも同じ事を話していたと伝えます。

本当に2人は似ている。

エナンは、ユーリが鍛冶屋の現状を伝えた時に、話していた内容を思い出しました。
ファスナー製作をきっかけに、鍛冶屋は活気づくだろう。

来年の春が楽しみだと言う女王に対し、今年の春も楽しみですよと伝えるエナンでした。

イケメン騎士ことレン・ヘリオナルトの正体

春の暖かさを感じながらゆっくり庭へ下りてきたレンに、ユーリは声をかけました。
エナン・ライオンハート公爵、せっかくですので昼食を一緒に食べませんか?

そう、ユーリはずっとレンと言う偽名を使って、正体を明かさないエナンに、ついに声をかけたのでした。

と、言っても、途中まで全く気づかなかったのも確か。

上に立つ者の威厳もオーラも無く、服装も地味、しかも人に優しい。

だが、エナンはかなりのイケメン、そんな優男が宮廷内を歩き回っていて、誰も言い寄らない。

ユーリはそんな不自然な感じに、ふと思い出す事があったのです。

子供の頃の女王のパレードを見た時の、大人たちの噂話。

長剣を帯刀し赤い髪の優男、父親の首を女王にささげた、裏切者のエナン・ライオンハート。

子供の頃に父王に捨てられた、暴君アビッサの妾の子、女王の犬。

そんな悪評は、実際目にしたエナンの人柄からは、想像も付きませんでした。

眉目秀麗な姿から気づいたと話すユーリに、照れて赤くなるエナン。

あまりにも初心な反応に、本当に貴族なのかと疑いたくなってしまう。

エナンは、ごまかす様に話題を変えます。

女王が姓を授けた人物は、まだ2人目であること。

1人目はエナン自身、彼は婚外子だったため、元の姓を継げなかったなです。

そして2人目はユーリ、それは存外に女王に気に入られてしまった事を表しました。

エナンは11歳の時に女王に姓を賜ったとすると、15年も女王に仕えている事になる。
ユーリは、これからの行く先に一抹の不安を感じるのでした。

もうすぐ春の大宴会が開かれるので、叙勲式にユーリもばっちり決めて来てくださいね。

そう話すエナンに、ユーリはファスナーを思いついたお礼に、エナン用の制服も作りましょうと声をかけます。

最初は遠慮していたエナンですが、着た姿が見たいと熱く諭すユーリを見て、了承しました。

近いうちにサイズを測るのでお願いします、ユーリは楽しそうに話すのでした。

26話へと続く。

異世界女王と転生デザイナーネタバレ26話|エナンと内政諮問官の仕事
...

各話のネタバレ一覧

1話2話3話4話5話
6話7話8話9話10話
11話12話13話14話15話
16話17話18話19話20話
21話22話23話24話25話
26話27話28話29話30話
31話32話33話34話35話
36話37話38話39話40話
41話42話43話44話45話
46話47話48話49話50話
51話52話53話54話55話
56話57話58話59話60話
61話62話63話64話65話
66話67話68話

異世界女王と転生デザイナーネタバレ25話の感想と考察

女王の敏腕ぶりが分かるエピソード

99の国を統一した女王、ただ者ではありません。

新しい手足を見つけた女王は、ユーリにどんな仕事を振ってくるのでしょうか?

内政諮問官として、産業改革に意見を求められる可能性が高いですね。

エナンの正体にやっと気づいたユーリ

ようやくレンの正体が、悪名高いエナン・ライオンハート公爵だと思い当たりました。

しかし、世間の評価と違い、かなりのお人よしであるエナン、それともユーリだけにでしょうか?

今後の2人の関係も気になりますね。

漫画を無料で読める!おすすめの電子書籍配信サービス!

有料の作品も無料で読むことができたら嬉しいですよね!

「そんな方法あるの?」って思われがちですが、電子書籍配信サービスは、無料登録をするだけで、タダで漫画を読むことができるポイントをプレゼントしています!

そのため、書店に行くと有料で読まなくてはならない作品も無料で読むことができるんです!

ありす
ありす

すべてのサービスで無料期間があるのが嬉しいわね!

各サービスについて特徴をまとめた一覧表がこちらです。

配信サービスおすすめ度特徴
※当サイト激推し!30日間無料
\ 1350円分無料で読める /
コミック.jp公式
★☆PayPay還元でザクザクたまる!
\ 3000円分割引クーポン /
ebookjapan公式
★☆7日間無料
読み放題サービス
コミックシーモア公式
★☆31日間無料
\ 600円分無料で読める /

U-NEXT公式
★☆国内最大級の配信サービス
\ 最大50%ポイントバック /
まんが王国公式
★☆30日間無料
\ コミック.jpとの利用がお得! /
music.jp公式
★☆2週間無料
\ 900円分のポイント付与 /
FOD公式

【異世界女王と転生デザイナー】を無料で読む方法がないか探してみましたが、残念ながら無料で読むことができる対象のサービスはありませんでした。

しかし、【系】の漫画はコミック.jpでも読むことができます!

今なら初回登録時に必ずポイントがもらえるので、有料作品も1350円分無料で読むことができるのでおすすめです!

  • 電子書籍で漫画を読むことが多くなった!
  • 他の配信サービスで読みたい作品が有料で迷っている…
  • 動画はいらないし、漫画だけ読めればいい!
  • 無料漫画も読みたい!

そんな漫画に一途な方のための配信サービスとなっています。

コミック.jpは30日間無料の期間が設けられていて、いざという時は追加料金も発生せずに解約できるので安心です。

最近、ドラマ・映画化された話題作の原作もこちらで読むことができます!

無料期間終了後は、既存ユーザーより250ポイントもお得に利用できる継続利用がおすすめです!

特別キャンペーン実施中

  1. 30日間無料(通常は無料期間なし!)
  2. 無料期間中に1350ポイントもらえる!
  3. 毎月1000pt+ 250ポイント増額!

\ 1350円分タダで読める! /
漫画を無料で読んでみる!
会員登録から30日間は完全無料!

error:右クリックは禁止されています。
タイトルとURLをコピーしました