ガールクラッシュネタバレ9話|ARC公開オーディション(前編)

マンガ「ガールクラッシュ」の9話ネタバレをご紹介していきます。

オーディション会場で受付を済ませ待機室へ行くと、そこには大勢の人がいました。

天花は、合格する為にはこの中で一番目立たなければいけないと感じます。

ですが、韓国語で話しかけられて言葉が分からなかった天花(てんか)は、韓国語が話せない事で自分は劣等生ではないかと焦りだします。

スポンサーリンク

\ 1350円分タダで読める! /
漫画を無料で読んでみる
登録から30日間は完全無料!

ガールクラッシュ9話のネタバレ

前回8話のおさらい

  • 天花にLJH代表がスカウトしに来る
  • 2人はコシテルについてダンスの練習をする
  • 恵梨杏(えりあん)から恋愛感情とは何かを質問される天花
  • 相手が望むことに答えることではないかと返す
  • 晴海が後悔するような凄い人になろうと決意する
ガールクラッシュネタバレ8話|LJHエンタテインメント代表
...

ガールクラッシュ9話のネタバレ

勝ち上がるためにどうしたらよいか考える天花

ARC公開オーディションとは、事務所内で開催される定例オーディションのことです。

天花と恵梨杏は、その定例で開催されるオーディションに参加します。

オーディションではダンス・歌・ラップから選んで1分ほどパフォーマンスを行いますが、途中で止められることもあるそう。

しかし見込みがあれば、その場に残って追加のパフォーマンスを披露することもあります。

受付を済ませ待機室に行くと、そこには大勢の人達が。

この中で一番目立つぐらいでなければ合格できないと天花は意気込みます。

すると、ボブカットの女性が天花に韓国語で話しかけてきます。

ですが天花はまだ韓国語が分からないので、英語で自分は日本人だと返します。

女性は簡単な日本語で挨拶をします。

思わず驚く天花と恵梨杏。

そして、韓国語が分かる恵梨杏と女性は会話し始めます。

途中女性が天花に何か質問してきた為、恵梨杏に何といったのかを聞くと、天花は韓国語が話せないのか聞いているようです。

天花はまだ今は話せないと返しますが、それを聞いた女性の態度に何か嫌な雰囲気を感じます。

オーディションでは国籍を問わず応募して良いとなっていましたが、オーディション中の会話は韓国語なはずです。

天花は簡単な自己紹介ぐらいしか頭に入れていません。

ここで、オーディションを受ける人達の中で自分は劣等生なのではと焦りだします。

脳裏には小学生の時にクラスメイトから煙たがられた記憶が流れ、動悸がし始める天花。

すると突然、恵梨杏は天花らしくやれば大丈夫と声を掛けます。

自分の様子がおかしいことに気が付いてくれた恵梨杏に対して、天花は「優しいよね」と言います。

ですが、皆ライバルなんだから綺麗事は無くていいと続けます。

ARC芸能事務所は主に個性を重視しています。

それに対し天花の個性とは一体何か、ダンスを始めた中学生の頃を思い出します。

ダンスはお手本の再現、勉強は記憶力、運動はお手本の動きの観察と再現。

天花は観察して記憶して再現することが人一倍得意でした。

しかし、それを個性と言えるのかというと実際は違うのではないかと考えます。

ですが、天花なりのベストが出せる方法は観察・記憶・再現です。

これが自分の個性だと思ってオーディションに臨むことを決めます。

天花のパフォーマンス

待機していると、天花と恵梨杏、そして先程のボブカットの女性を含んだ10名が呼ばれます。

「負けないから」と言う天花に対して、「一緒に受かろう」と返す恵梨杏。

そして、審査員のいる部屋に移動します。

早速1番目の人がパフォーマンスを始めますが、その時間の短さに天花は思わず驚きます。

その次の人もすぐに終わってしまったのを見て、審査は一瞬で決まるのだと悟り、第一印象が全てだと意気込みます。

ついに、天花の番がやってきます。

堂々としようと、一番輝くのは自分だと言う気持ちで踊る天花。

途中、恵梨杏がキラキラとした表情で見ているのに気が付きます。

その姿を見て、天花は絶対に負けないという気持ちでダンスを踊り続けます。

10話に続く

ガールクラッシュネタバレ10話|ARC公開オーディション(後編)
...

今すぐ絵付きで読むなら
U-NEXTが断然おすすめ!
全巻試し読みもできます☆

\ お試しで600ポイントGET!! /
『ガールクラッシュ』を
U-NEXTで読む

31日以内の解約で完全無料!

ガールクラッシュ9話の感想

努力して身に着けた自信が崩れかける

天花は容姿や運動、歌などにおいて人よりも優れている自覚がありました。

しかし、韓国語が話せないことで自分に自信が無くなり、過去の辛かった記憶の蓋が開きかけます。

そして、自分の個性とは一体何なのかを自問自答します。

ですが、それが自分の個性と割り切り、パフォーマンス発表時には堂々と行こうと気持ちを切り替えられています。

恵梨杏の方がメンタルは強いですが、やはり天花もメンタルが強く、きちんと自己分析できている所は流石です。

とはいえ、ARKでは個性が重要視される為、天花の個性が個性ととらえてもらうことができるのでしょうか。

自分で色々と解釈を考えている恵梨杏の方が、ここでは評価してもらえるかもしれません。

ライバル意識と自分の目標に向かう気持ち

天花は恵梨杏を含め周りをライバル視しています。

しかし、恵梨杏は周りを気にせず自分が出来ることをしようという気持ちや、一緒に頑張ってきた天花と共に頑張ろうというような気持ちでいるように見えます。

天花は晴海(はるみ)のことだけでなく、今まで人より優れているという意識から負けたくないという気持ちがあると思いますが、恵梨杏は自分の目標が一番なので周りのことは気にしていないのかもしれません。

また、ほとんどの人は緊張した顔でいるのにもかかわらず、恵梨杏はワクワクした表情をしています。

恵梨杏はパフォーマンスをどういった気持ちで行なうのかが気になるところです。

各話のネタバレ一覧

1話2話3話4話5話
6話7話8話9話10話
11話12話13話14話15話
16話17話18話19話20話
error:右クリックは禁止されています。
タイトルとURLをコピーしました