dog eat dog era 竜人族奴隷の双子と催眠交尾 ネタバレ1巻|Mauve広告

DLsiteに掲載中の『dog eat dog era 〜竜人族奴隷の双子と催眠交尾〜』のネタバレをご紹介します。

最近ではDLsiteの広告でも「Mauve」という文字が記載されており、どのような作品タイトルがわからなかった方もおおいのではないでしょうか?

この作品は、絵師のMauveさんが乙女向け同人として、描かれたものです。

隠し事、龍神族奴隷の双子奴隷、魔女、催眠」などのキーワードが広告内にもありましたね。

現在は、まだ1巻しか発売されていませんので、続編が楽しみです!


dog eat dog era~竜人族奴隷の双子と催眠交尾~

dog eat dog era 竜人族奴隷の双子と催眠交尾ネタバレ1巻

登場人物紹介

まずは、簡単に登場人物の紹介をしていきますね。

【主人公】ジェーンドゥ(名無し)の魔女

年齢:17歳

有名な家の出の魔女らしいが、本名は知られたくないらしく隠している。

実家を離れて暮らしており、今は都会に住んでいる。

竜神奴隷の双子に隠していることがある。

【竜人族の双子①】セオドア

年齢:17歳

プライドが高いが、頭は賢い。

竜人族ではめずらしく、魔法を使うことができる。

通っている学校では主席である優等生だが、友達はいないらしい。

怒ると根に持つタイプで、これまで弟のテオにも嫌がらせをしている。

ジェーンドゥの魔女には、拾ってくれた感謝があるものの、魔女の素性が隠されているため十分に信じ切れていない。

テオと画策し、催眠魔法で本音を聞き出そうとする。

【竜人族の双子②】テオ

年齢:17歳

頭は悪く自由奔放で、兄のセオドアとは正反対の性格。

兄とは打って変わって、人懐っこさがあり学校では人気者。

ジェーンドゥの魔女には、拾ってくれた感謝があるものの、発情期のせいもあり魔女とセッ○スしたいと考えている。

1巻ネタバレ

それでは、ここから『dog eat dog era 竜人族奴隷の双子と催眠交尾』のネタバレに入ります!

ありす
ありす

それではいってみよう〜!

はじまりのお話

場面は、ジェーンドゥの魔女がセオドアとテオに犯されているシーンから入ります。

二人は、「枷になるものなど忘れてしまえ」と言い、魔女を犯し続けます。

ジェーンドゥの魔女は、「本当に忘れてしまっていいの?」と、前世の記憶を思い浮かべます。

魔女の前世は人間で、最期はトラックにはねられたことで死んでいます。

魔女は、いい子だったにも関わらず、ひとりで最期を迎えたことに相当ショックを受けてます…

ジェーンドゥの魔女と双子の出会い

ジェーンドゥの魔女と竜人族奴隷の双子との出会いは、数年前に遡るようです。
※年数については明らかにされていません。

奴隷売りの元へ訪れた魔女は、竜人族の双子を指名します。

しかし、奴隷売りは、「気も強く、扱いづらい」と断りをいれます。

それでも魔女は、それでもいいからと双子を買うのです。

魔女の前世の最期がひとり死(トラ転)だったことが、竜人族奴隷の双子を引き取った理由です。

竜人族奴隷の双子

年月を重ね、3人はすっかり家族のような関係になります。

しかし、竜人族奴隷の双子は、家族であるにも関わらず「隠し事」をしているジェーンドゥの魔女を完全には信じきれていません。

竜人族奴隷の双子であるセオドアとテオは、催眠魔法で魔女の秘密を暴くことを画策します。

ある日、セオドアとテオは、「家族に隠し事はなしであること、本名を知らないこと」を魔女に告げます。

しかし、魔女は双子に自分が個人的に引き取った理由を教えようとはしません。

セオドアとテオは、催眠魔法を駆使して、魔女の意識を奪い、彼女の身体をもてあそびます。

しかし、催眠魔法でも、自分たちを雇った理由を答えない魔女に対し、テオが「なんても言うことを聞く催眠魔法を使えばいい」と提案します。

セオドアは、テオの提案に納得し、後日その方法を使うことにしました。

催眠魔法

後日、セオドアとテオの様子がそわそわしておかしいと感じた魔女は、二人になにかあったのか問います。

二人は、何もないと返し、セオドアが「俺の言うことを聞け」と催眠魔法を使います。

催眠魔法にかかった魔女は、セオドアの服を脱げという命令に従い、自分で服を脱ぎます。

テオは、この状態でめちゃくちゃにしたら「理由」を吐いてくれるかもといい、魔女の処女を奪います。

しかし、テオが激しい行為をしてしまったため、繊細な催眠の効果もき切れて魔女が覚醒していまいます。

やめてほしいと願う魔女でしたが、セオドアの催眠魔法により再び眠りにつくのでした。

隠し事

起きた魔女は、やっぱり何かがおかしいとセオドアとテオに、隠し事があるのかと優しく問い詰めます。

しかし、家族に対し名前も教えてくれない魔女に、セオドアは詰め寄ります。

ふたりを傷つけてしまったと後悔する魔女は、部屋に戻り記録魔法の水晶を手にします。

そこには、魔女自身がセオドアとテオに犯されている映像が残されており魔女は真実を知ります。

しかし、その後ろにはセオドアがいて…

謝罪

セオドアに問い詰める魔女ですが、セオドアは、魔女が自分たちを信じていても、自分たちは「隠し事」のせいで魔女を信じることができないと言います。

催眠魔法を克服した魔女は、謝ろうとしますが、セオドアに「謝り方が違う」と指摘されます。

結局、セオドアに侵される魔女。

しばらくして、テオも部屋に入ってきてふたりでで魔女を犯します。

絶頂を迎え、今なら真実を話してくれるのではと、催眠魔法で質問をします。

そこでは、「ひまり」という本性や、「自分の人生の最期を看取ってほしいこと」などが分かります。

そして竜人族奴隷の双子は、「もっとはやくいってくれれば…」と言うのです。

2巻へつづく!
※まだ発売されていません。

dog eat dog era 竜人族奴隷の双子と催眠交尾1巻の感想

「dog eat dog era 竜人族奴隷の双子と催眠交尾」の感想を集めてみましたー!

ちょっと性癖の強さが際立っているマンガですが、ストーリーとしても悪くないですし、魔女さんの「最期を看取ってほしいという理由」もかわいくてキュンとしちゃいますね!!

セオドアやテオもイケメンで、催眠魔法でこっそり犯すという展開もドキドキしました ><(キャー)

読んだ人の感想も載せておくので、今後の参考にされてみてくださーい!!!

がるまにでずっと1位だったエッチなやつ、今更買ったけどありえんエッチだった ぐちゃぐちゃにされるやつめっちゃ好き

ちょっと前に広告で見て気になったから読んでみたら面白かった。女の子気持ち良さそうです良いし双子カッコいいね。どエロい。えらい。

『dog eat dog era 竜人族奴隷の双子と催眠交尾』を読めるのは?

「dog eat dog era 竜人族奴隷の双子と催眠交尾」は、DLsite(同人サイト)で読むことができます。

通常、770円と少しお高い値段なのですが、2021年9月13日までは、セール特化で25%OFFが自動適用されています。

さらに、新規無料会員登録時にもらる300円OFFクーポンも併用できるので、今ならたったの277円で買えちゃうんです!!

私の調べによると、『dog eat dog era 〜竜人族奴隷の双子と催眠交尾〜』は、DLsiteでのみ購入可能でしたので、このチャンスをお見逃しなく〜!


dog eat dog era~竜人族奴隷の双子と催眠交尾~

最後までお読みいただきありがとうございました!!

error:右クリックは禁止されています。
タイトルとURLをコピーしました