だから私はメイクする・6話のネタバレと感想| LINEマンガ

【だから私はメイクする】
ネタバレ記事まとめはコチラ↓
https://www.lockergakuen.jp/dakarameiku-matome/

だから私はメイクする全話ネタバレまとめ|最新話から最終回まで【完結】
...

マンガ「だから私はメイクする」の6話ネタバレをご紹介していきます。

たまたま目的地が一緒だったことが判明し、亀山(かめやま)と吉成(よしなり)はコスメカウンターに向かいます。

そして2人は一緒にタッチアップをしてもらうことにしました。吉成の化粧をした姿の美しさに、亀山はいろいろ気になって質問をしますが…。

スポンサーリンク

だから私はメイクする6話のネタバレ

前回5話のおさらい

  • 自分が美人と思うコーデをする
  • 亀山職場の人から色々と言われ怒りを感じる
  • 仕事後に友人2人と食事し愚痴を言う
  • 亀山は心に余裕が無いのを感じる
  • 翌日限定コスメを受け取りに定時退社する
  • 同期の吉成と一緒に退社し電車に乗る
  • 一旦別れた後メイクした吉成と鉢合わせる

だから私はメイクする6話のネタバレ chapter.3(2)

2人の楽しい予定はコスメカウンターに行くこと

2人の目的地は同じで、それは熊谷のいるコスメカウンターでした。

まさか吉成がトイレで化粧をしていると思っていなかった亀山。

イケメンだと思ってはいましたが、メイクをした吉成の姿はまさに美という感じで、吉成のことが気になりだします。

すると、吉成から一緒にタッチアップしてもらおうと提案されます。

もっと話を聞いてみたいと思っていた亀山は提案を受け入れます。

亀山は化粧上手な吉成の姿を見て色々と質問を始めますが、吉成からそこが気になるのかと逆に驚かれます。

吉成にしたら予想外で、どうして化粧をするのかの答えを準備していたようでした。

しかし、尚更聞かないと亀山は話します。

亀山自身、不躾に踏み込んだ質問をされるのに嫌気がさしており、気になりはするものの自分も不躾な質問はしたくないと思っていました。

そして、吉成自身の話が聞きたいと話します。
さらに、自分も不満が溜まっていたせいか、皆その人自身の話をするべきで勝手な解釈はして欲しくないと言います。

その様子を見た吉成は、あえて自分がゲイだと打ち明けます。

驚く亀山は言わなくてもよかったのにと伝えようとしますが、吉成は亀山になら打ち明けられると思ったと話します。そのことに亀山は感謝します。

ファッションの難しさ

ファッションは難しいと話す吉成。

自己表現の手段でありながら他人と接する一番外側であるファッション。

相手は自身の価値観を含んで自分のことを見るので、自分のファッションの表現の想いが正確に伝わることはない。

しかし、その価値観の差異にイラついたり、傷ついてしまうと話します。

その言葉に共感する亀山。

同時に、吉成が会社でメイクをしない理由に亀山は気が付くのでした。

その2人の話を聞いて悲しそうな表情をする熊谷(くまがい)。

他人から色々と言われるせいで、会社では好きなことを出来ないのは辛くないのかと聞きます。
ですが、コスメや服を目の前にしたときのドキドキを楽しむために、吉成にとっては怒っていないことの方が大事と言います。

その言葉に熊谷は、メイクしない理由があることも忘れてはいけないと返します。

タッチアップを終えた吉成の姿を見て、こんな素敵な姿を見れない会社の人達はもったいないと声を漏らす亀山。

吉成はそれに対し、この姿を知っているのは亀山だけと返します。亀山はそんな吉成の姿を見て、自分も好きなものを前に笑っていたいと思うようになったのでした。

あえてすっぴん武装をする

後日、カジュアルな服装にすっぴんで出社する亀山。

会社の人からは何も言われず、小さくガッツポーズをします。その後、吉成と今日は予定通り行けるか2人で話をします。

そして定時になり、2人は一緒に会社を出て、トイレで服を着替えメイクし出てきます。亀山はおしゃれを辞めるのではなく、「すっぴん武装」をするようになっていたのでした。

会社の人から何も言われなくなって気持ちが楽になるのと同時に、以前よりも素敵になった自分を見れない会社の人たちはもったいないと話します。

そして2人は街に繰り出すのでした。

7話につづく。

だから私はメイクする・7話のネタバレと感想| LINEマンガ
...
スポンサーリンク

だから私はメイクするの最新話を無料で読むには?

だから私はメイクするの最新話を今すぐ無料で読みたい場合は『U-NEXT』がおすすめ!

今なら31日間の無料のお試し登録をするだけで600円分の無料ポイントが配布されるので、最新話が簡単に読めちゃいます☆
※分冊版165円なので、3冊は読めちゃいますね!

他の電子書籍・動画配信サービスでもポイントを配布をしているので、賢くポイントをもらってお得に読んじゃいましょう!

\ 31日間の無料お試しで600ポイントGET!! /
「だから私はメイクする」を無料で読む!

登録日から31日以内に解約手続きをすれば、料金は一切発生しません。

だから私はメイクする6話の感想

発言前に相手のことを考える気持ちを持つ

最近ではメイクする男性も増えていますが、やはりまだまだ男性がメイクをするという考えは浸透していないように思います。

吉成も変に詮索された経験があったから、亀山と鉢合わせしてしまったときに何か言われるのではないかと身構えていたのではないでしょうか。

しかし、亀山自身もおしゃれをしただけで色々詮索された経験があり、自分は詮索したくないという考え方をしていたところが素敵だと思いました。

勝手な憶測や自分の価値観を押し付けないということは大事ですが、無意識にしてしまうこともあるかもしれません。

だからこそ、発言する前に一瞬考え、亀山のように相手のこと考えた発言をすることが大事だと感じます。

あえておしゃれをしないという選択

本来であれば周りにとやかく言われても、TPOを守っていれば自分の好きな格好を気にせずにするのが一番です。
しかし、やはり言われると気になってしまい、気にしないというのはなかなか難しいことです。

自分で決めたファッションをして気分が上がるのに、そのせいで怒りや悲しみが出てくるというのは、結局おしゃれを楽しめていないと言えます。

これまで私は、周りに言われるせいでおしゃれをできないのは、負けだと感じてしまっていました。

しかしあえて、会社では何も言われないように無難な格好をして本来の自分を隠すという選択をしていいのだと、6話を読んで思うことができました。

会社でおしゃれができなくても、他の場面でおしゃれをすることはできます。

また、会社でおしゃれができなくて悲しいという考え方ではなく、会社の人たちがおしゃれをした自分を知らないのがもったいないという考え方は前向きで素敵だと感じました。

各話のネタバレ一覧

1話2話3話4話5話
6話7話8話9話10話
11話12話13話14話15話
16話17話18話19話20話
21話22話

『だから私はメイクする』絵付きで読むなら
U-NEXTが断然おすすめ!

\ お試しで600ポイントGET!! /
『だから私はメイクする』をU-NEXTで読む
31日以内の解約で完全無料!

だから私はメイクする全話ネタバレまとめ|最新話から最終回まで【完結】
...
error:右クリックは禁止されています。
タイトルとURLをコピーしました