ある日、お姫様になってしまった件についてネタバレ86話|皇帝代理と動き出した悪

【ある日、お姫様になってしまった件について】
ネタバレ記事まとめはコチラ↓
https://www.lockergakuen.jp/aruhime-matome/

ある日、お姫様になってしまった件についてネタバレ全話まとめ!最新話から最終回まで!
...

漫画「ある日、お姫様になってしまった件について」の86話のネタバレをご紹介していきます。

操られるアルフィアス公爵。

アタナシアがついに皇帝代理になるため元老会に行くのだったが…

スポンサーリンク

\ 1350円分タダで読める! /
漫画を無料で読むならコミック.jp
無料登録から30日間は完全無料!

ある日、お姫様になってしまった件についてネタバレ86話

前回85話のおさらい

・パターソン子爵がアルフィアス侯爵を洗脳する。
・パターソン子爵改めアナスタシウスの中にもう1人の人物。
・イゼキエルが父の異変に気づく。
・陛下はまだ眠っていた。
・アタナシアが皇帝代理になる話が。

ある日、お姫様になってしまった件についてネタバレ86話

ジェニット

ジェニットは空を見上げていた。

イゼキエルもみんな忙しくしているため、退屈しているようだ。

振られた後もぎこちない関係にはなっていなかったが、今はジェニットのことを避けているようだ。

アタナシアに手紙を出したいが、手紙で陛下の容体を聞いたところで、手紙には返事を書いてくれないであろう。

そう思いジェニットはアタナシアに手紙を書くのをやめた。

外に出れば、居間にパターソン子爵がいるはず。

そう考えたが、これもやめることにした。

以前突然号泣してしまったことに恥ずかしさを感じていたからだ。

それに、ジェニットは皇帝になれる、といったパターソン子爵の言葉が気になっていた。

悶々とパターソン子爵の言葉や、パターソン子爵の正体などを考えていたが、1人で考えたところで答えは出ない。

考えている途中でアルフィアス公爵に呼ばれたジェニット。

アルフィアス公爵のいる部屋に行くと、公爵の横にパターソン子爵がいた。

普段はありえない光景に戸惑うジェニットだったが、公爵がパターソン子爵に関係する話だといいとりあえず納得するジェニットだった。

皇帝代理

アタナシアは高貴なドレスに身を包んでいた。

以前話していた、元老会に行くようだ。

アタナシアが言ってくる間はルーカスが陛下のそばにいてくれる。

しかし、アタナシアは陛下を治すための魔法の勉強に、国政と、すべてをこなさなくてはならないことに、不安を抱えていた。

ルーカスに背中を押され、アタナシアは元老会へ向かうのだった。

元老会にはアルフィアス公爵の姿もあった。

形式的な挨拶をかわし、本題に移る。

アタナシアが皇帝代理になることを伝え、あとは出席者にサインしてもらうだけのはずだったが、アタナシアの発言を遮るものがいた。

レッドフォーカス家のカリオ公子だった。

彼は隠してはいるが、反皇帝派のはずだ。

アタナシアのこと、皇帝のことを侮辱している行為。

きっとまだ15歳のアタナシアのことを子供だと考えているのだろう。

アタナシアの顔から笑顔が消えた。

動き出す悪の手

カリオ公子は、皇帝に関するある噂を聞いたとアタナシアに問う。

しかし、アタナシアは感情の読み取れない顔で、公子に「発言を許した覚えはない」と言い放つ。

続けてアタナシアは、その発言が会議に必要な議題だというならば、公式的手順を踏むように言い渡す。

アタナシアの発言に、空気が凍り付く。

この発言に他の参加者はアタナシアの成長に笑みを浮かべていた。

カリオ公子もそれ以上何も言わなくなってしまった。

無事元老会も終わると思っていたその時だった。

アルフィアス公爵が、先ほどアタナシアの言った公式手順通り、手を挙げ発言をした。

内容は驚くべきものだった。

公式手順は踏んだものの、カリオ公子が言おうとし発言やめたそのものだった。

皇帝の容体に迫るその発言は、いつものアルフィアス公爵のものとは考えにくいものだった。

このことに、アタナシアの表情、元老会の空気は再び凍り付くのであった。

87話へと続く!

ある日、お姫様になってしまった件についてネタバレ87話|黒い影が動きだす
...

各話のネタバレ一覧

76話77話78話79話80話
81話82話83話84話85話
86話87話88話89話90話

ある日、お姫様になってしまった件について86話の感想と考察

アルフィアス公爵

背筋が凍りましたね。

アルフィアス公爵は大丈夫なのでしょうか。

かなり強力な洗脳のようです。

前回のお話で鼻血が出てましたし、アナスタシウスも「少しの間使えれば」という発言からしても、やはり公爵の体に大きな負担となっているようです。

公爵の身も心配です。

黒幕

いよいよ黒幕がしっかりと動き出したといった感じでしょうか。

毎回冷や冷やしてしまいます。

筆者はルーカス推しなので今回も出てきてくれて嬉しくなっていますが、お話の方はしばらく、冷や冷やさせられそうですね。

次回アタナシアはどう公爵を対処していくのでしょうか。

目の離せない展開に間違えなさそうです。

error:右クリックは禁止されています。
タイトルとURLをコピーしました