ある日、お姫様になってしまった件についてネタバレ78話|ルーカスの過去が明らかに!イゼキエルとジェニットの関係にも変化が…

【ある日、お姫様になってしまった件について】
ネタバレ記事まとめはコチラ↓
https://www.lockergakuen.jp/aruhime-matome/

ある日、お姫様になってしまった件についてネタバレ全話まとめ!最新話から最終回まで!
...

漫画ある姫(ある日お姫様になってしまった件について)78話のネタバレをご紹介していきます。

ルーカスに魔法を教えてもらうことになったアタナシア。

誰にでも教えるわけじゃないと豪語するルーカスの魔法の教え方とは一体どんなものなのか…?

『ある日、お姫様になってしまった件について』は、コミック.jpなら無料で読めます!

ある姫78話ネタバレ|ルーカスの魔法教室

77話前回話のおさらい

クロードの記憶も戻りつつあるのかジェニットと三人で湖の船の上で楽しい時間を過ごすアタナシアだが、ジェニットが湖に落ちて溺れてしまう。湖で溺れたジェニットを助けることができず何もできない自分の無力さを感じたアタナシア。ルーカスに魔法を教えてほしいと頼んだ結果教えてもらうことになりましたが…?

ある日、お姫様になってしまった件についてネタバレ77話|船上散歩で一波乱!アタナシアはルーカスに魔法を教えてと頼む
...

ある姫78話ネタバレ

ルーカス過去の記憶

今回はルーカスの回想から始まります。元の姿である大人の姿のルーカスに息子を紹介する皇帝。

「私の息子のアエテルニタスです」

しかし、ルーカスはアエテルニタスを見て

「なんだ、このクズは」

と一蹴します。どうやらアエテルニタスは公家の血統ではありますが、宝石眼も薄く力も弱いため、神獣を従えるどころか傍系の血族以下であるとルーカスは言います。その言葉に慄くアエテルニタスに、更に酷い言葉を重ねるルーカス。

「こんなのに何を教えろってんだ?」
「2度どくるなよ」

その言葉に呆然とする皇帝とアエテルニタスを置いてルーカスは去っていきます。

「そんなこともあったな」

とアタナシアとお茶を飲みながらルーカスは思い返していました。魔法を教えることとなったアタナシアに

「お前は運がいいな、俺は誰にでも教えるわけじゃねえからさ」

アエテルニタスみたいように皇族だろうと使えない人間には教えない、とと上から目線に言うルーカスに対してアタナシアは

「アエテルニタスって歴代最強の皇帝じゃありませんか?」

どうやらアエテルニタスに対して二人の間の認識は全く反対のようです。そもそもルーカスって何歳なの?魔法使いが長生きとはいえ先程の話からルーカスの年齢が気になるアタナシアでした。

パンっからのシュッ

ともかく始まったルーカスの魔法の授業。まずは無駄に魔力が漏れることを止めることから始めました。どうすればいいのかと聞くアタナシアにルーカスは…

「魔力をこうしてパンっ!として次シュッ!ってしてからこうやって…」

とよく分からない説明をします。思わず呆けた顔で言葉を失うアタナシア。とにかくやってみろ、といわれ訳も分からぬまま…

パンっ!からのシュッ…!

を実践します。すると、なんだできんじゃんとルーカスに言われて、これでいいの!?と戸惑うアタナシア。
やはり元からの才能があるようです。しかし、人を浮かせる魔法は複雑でまだ難しいとのこと。もっと基礎的な魔法を練習する必要があるようです。

「パパは簡単にやったのに…」

とすねるアタナシアですが、ルーカスはクロードもめちゃくちゃ練習したはずと言います。クロードは努力家だし、という言葉に驚くアタナシアはクロードを何だと思ってるんだ?と呆れられます。

ルーカス曰く、もう少し大きなものを浮かせることが出来たら次は小さな生き物を浮かせることができるようです。大きなものってどれくらい?と尋ねるアタナシアにルーカスは無言で指を振るとアタナシアが乗ったソファごと宙に浮かせました。

「俺のほうがカッコイイだろ?」

と紅茶を飲みながら言ってくるルーカスにアタナシアは投げやりに同意と文句を叫ぶのでした。

ジェニットとイゼキエル

侯爵邸で談笑するジェニットとイゼキエル。アタナシアとクロードを褒め称え、自分も魔法が使えたらいいのに…というジェニットにイゼキエルも

「そうしたら、ただ待っているだけじゃなくて他にも何かができたかもしれないのに」

とこぼします。そんなイゼキエルにジェニットは

「イゼキエルも私と同じ気持ちなんですね」

と瞳を輝かせながらいいます。しかし、少しの沈黙のあとイゼキエルは

「姫様に対する僕の気持ちは君とはちょっと違うよ」

初めは・・・いや、ひょっとしたら初めから

「姫様は僕の人生で最も大切な人なんだ」

と自分の気持ちをジェニットに伝えます。戸惑いつつも、分かります姫様は…と続けるジェニットにイゼキエルは

「ごめん、ジェニット」

と謝罪の言葉を口にします。その様子を上から眺めるアナスタシウスは、なにか考えるように二人を見つめるのでした。

79話につづく。

ある日、お姫様になってしまった件についてネタバレ79話|クロードが見せた笑顔
...

各話のネタバレ一覧

31話32話33話34話35話
36話37話38話39話40話
41話42話43話44話45話
46話47話48話49話50話
51話52話53話54話55話
56話57話58話59話60話
61話62話63話64話65話
66話67話68話69話70話
71話72話73話74話75話
76話77話78話79話80話
81話82話83話84話85話
86話87話88話89話90話
91話92話93話94話95話
96話97話98話99話

ある姫78話の感想と考察

今回はルーカスの過去、皇帝とその息子の関係が少し垣間見れました。相変わらず口が悪い。アエテルニタスがぐれてしまわないか心配です。そして、イゼキエルとジェニット。アタナシアへの思いは同じと思っていたところからの彼の告白はジェニットにどういった影響を及ぼしてしまうのか。もりだくさんで気になる内容がてんこ盛りの回でした。

ルーカスの過去が少しずつ明らかに?

年齢不詳のルーカス、今回少しだけ彼と過去の皇帝との関りが見えましたが、アエテルニタスについての認識がアタナシアと真逆なのがとても気になります。

イゼキエルとジェニットの関係にも変化が?

イゼキエルのアタナシアへの思いを聞いてジェニットはこれからどうなってしまうのでしょうか。ジェニットが健気なだけに余りかわいそうな事にはなってほしくないです。次回はどう物語が動くのか…意味深にのぞき見していたアナスタシウスが動いた入りするのでしょうか?楽しみです。

『ある日、お姫様になってしまった件について』を1話から最新話まで無料で読む方法

ある日、お姫様になってしまった件についてを無料で読むなら無料期間中にポイントが使えるコミック.jpという電子書籍配信サービスがおすすめです。

会員登録後、すぐに1350ポイントが付与されるので、本来は有料作品のである『ある日、お姫様になってしまった件について』も無料で読むことができます。

AmazonKindleと比較した結果がこちら↓

ある日、お姫様になってしまった件について税込価格無料ポイント支払う金額(税込)
Amazon Kindle1,012円なし1,012円
コミック.jp1,012円1350円分0円

『ある日、お姫様になってしまった件について』は、コミック.jpなら0円で読めます。

複数巻お得に読みたい場合は、以下でご紹介する電子書籍配信サービスを検討されてください。

『ある日、お姫様になってしまった件について』を配信している電子書籍配信サービス

『ある日、お姫様になってしまった件について』を配信している電子書籍配信サービスは以下の通りです。

配信サービス配信状況特徴
※当サイト激推し!30日間無料
1350ポイント付与
コミック.jp公式サイトへ
31日間無料
アニメ・ドラマも充実

U-NEXT公式サイトへ
×国内最大級の配信サービス
50%ポイントバック
マンガ王国公式サイトへ
7日間無料
読み放題サービス
コミックシーモア公式サイトへ
30日間無料
600ポイント付与
music.jp公式サイトへ
無料マンガが豊富
3,000円割引クーポン
ebookjapan公式サイトへ
2週間無料
最大900ポイント付与
FOD公式サイトへ

上記表の中で「◎」のマークがついているサービスなら、『ある日、お姫様になってしまった件について』をどこでも読むことができます!

個人的には、コミック.jpがおすすめですが、U-NEXTやFODも無料会員登録だけでポイントをもらえます。

また、ebookjapanは、無料ポイントはもらえないものの、クーポンの種類が豊富なので、無料にこだわらない人はそちらも検討されてみてくださいね。

学園長
学園長

電子書籍サービスについておさらいしますね。

  1. 無料ポイントで読むなら
    >>> コミック.jpU-NEXTFODがお得!
  2. クーポンで安く購入したいなら
    >>> ebookjapanが安い!
  3. アニメやドラマ・映画も観たいなら
    >>> 無料期間が最も長いU-NEXTがおすすめ!

電子書籍配信サービスは世の中にたくさん存在しますので、ご自身に合ったサービスを選ぶと、今後のマンガライフも楽しくなりますよ♪

最後までお読みいただき、ありがとうございました!♪( ´▽`)

error:右クリックは禁止されています。
タイトルとURLをコピーしました