ある日、お姫様になってしまった件についてネタバレ33話|デビュタントの終幕

【ある日、お姫様になってしまった件について】
ネタバレ記事まとめはコチラ↓
https://www.lockergakuen.jp/aruhime-matome/

ある日、お姫様になってしまった件についてネタバレ全話まとめ!最新話から最終回まで!
...

漫画「ある日、お姫様になってしまった件について」の33話のネタバレをご紹介していきます。

デビュタントの会場からクロードがいなくなってしまったことを不安がるアタナシア。

クロードがジェニットと出会ってしまった後のことを考えて、気が気でない様子です。

アタナシアがクロードと一緒に帰ろうとしたその時、声を掛けてきたのはジェニットで…

スポンサーリンク
こちらの作品は、ピッコマで読めます。
ピッコマ - 人気マンガが待てば無料の漫画アプリ

ピッコマ - 人気マンガが待てば無料の漫画アプリ

Kakao Japan Corp.無料posted withアプリーチ

ある日、お姫様になってしまった件についてネタバレ33話

前回32話のおさらい

・クロードが所用で席を外す
・ジェニットの件で神経質になるアタナシア
・早めに帰ろうとクロードに提案
・ジェニットに呼び止められ…

ある日、お姫様になってしまった件についてネタバレ32話|会わせたくない人物
...

ネタバレ33話

噂の娘とご対面

皇帝を前にして挨拶を忘れていたと思い直し、あらためて恭しくお辞儀をするジェニット。

クロードに間近で会えた喜びに、目を輝かせています。

黙ったままのクロードに、アタナシアは気が気ではありません。

ジェニットがリボンを持ってきてくれたことに早口でお礼を言って、その場を手短に終わらせようとします。

そんなアタナシアの思いとは裏腹に、ジェニットはのんきに自己紹介をするのでした。

ジェニットの名前を聞いて、ロジャーが話していた娘だと気がついたクロード。

何かを悟ったようなクロードの口ぶりに、アタナシアは戸惑って…

気まずい雰囲気

次の瞬間、踵を返してその場から立ち去るクロード。

アタナシアも着いてくるよう伝える言葉は、心なしか冷たいものでした。

アタナシアはクロードに言われるがまま、その後に続きます。

ジェニットはというと、クロードが自分を知っていたことに感動して、呆けた状態で突っ立っていました。

クロードは、アタナシアがジェニットから受け取ったリボンを奪い取るとその場に捨ててしまいます。

もともと床に落ちていたものを惜しがることはないと言われるアタナシア。

クロードの考えが掴み取れず、不安が胸に押し寄せていました。

胸のつかえに煩わしい音

それは、ダンス会場でアタナシアがクロードに意味ありげな別れの言葉を呟き、雑踏に消えていった時のこと。

クロードは、その切なげな響きに胸を打たれ、固まってしまいました。

そこへ現れたのはロジャー・アルフィアス。

幼い頃から見て来たアタナシアのデビュタントが非常に感慨深いと述べるロジャーですが、その胡散臭い雰囲気にクロードは辟易とします。

なおもクロードのアタナシアに対する寵愛ぶりを絶賛し続けるロジャー。

アタナシアの他に王子や姫がいたとしても、慈愛に満ちたクロードならきっと同じだけ大切に扱うだろうと言うのです。

無駄な空論だと一蹴するクロード。

アタナシア以外に目をかけることはないと言い切ります。

にべもなく会話を終わらせられたロジャーですが、ここからが本題と言わんばかりに新たな話題を持ち出しました。

実の娘のように可愛がってきた自分の姪もアタナシアと同じくデビュタントを迎えたとして、ぜひ挨拶させて欲しいと言います。

そして、アタナシアにとっても、同世代との交流が望ましいと付け加えました。

嫌味を言ってもしつこく食い下がってくるロジャーに、クロードはついに痺れを切らします。

これ以上アタナシアに理由をつけることを良しとせず、ロジャーの提案を跳ねのけたのでした。

お望み通り?

馬車へと乗せられたアタナシアは、クロードから誕生日とデビュタントに対する祝いの言葉をかけられます。

それは、いつぞやにアタナシアがクロードにした“お願い”でした。

どちらもとっくに終わったことで今さらだと笑いながらも、クロードが約束を不器用ながらに果たそうとしてくれたのを嬉しく感じるアタナシアでした。

34話へと続く。

ある日、お姫様になってしまった件についてネタバレ34話|祝宴の余韻と翳り
...

各話のネタバレ一覧

31話32話33話34話35話
36話37話38話39話40話
41話42話43話44話45話
46話47話48話49話50話
51話52話53話54話55話
56話57話58話59話60話
61話62話63話64話65話
66話67話68話69話70話
71話72話73話74話75話
76話77話78話79話80話
81話82話83話84話85話
86話87話88話89話90話
91話92話93話94話95話
96話97話98話99話100話
101話102話103話104話105話
106話

ある日、お姫様になってしまった件について33話の感想と考察

デビュタントが終了

「小説」の中では、デビュタントはジェニットがクロードの寵愛を受けるきっかけとなる日でした。

ずっとそのことが念頭にあるアタナシアは、大勢の前でクロードの娘としてお披露目されてからも、いつ親子の関係が崩れてしまうのかと恐れを抱いたまま。

また、純粋なジェニットの顔を見ると、無下には出来ないような微妙な面持ちでした。

ロジャーはジェニットを大切に育ててきたと言いますが、その実、ジェニットを皇帝の娘として押し上げて利を得ようとする思惑は見え見え。

ジェニットは、ロジャーが思うように“皇帝”に可愛がられたいのではなく、血のつながった存在のクロードと接点を持てることに憧れているようです。

アタナシアはそんなジェニットの気持ちを察して、自分が物語の内容を変えてしまったことに少し責任を感じているのかもしれません。

ロジャーの作戦は失敗?

ロジャーに何を言われても揺らがなかったクロード。

アタナシアの成長を祝う記念の日に、クロードのパパとしての成長が見えました。

ロジャーの作戦は、小説の筋書きと同じとはならなかったのです。

しかし、何年も前からジェニットを預かっている彼が、到底諦めるとは思えません。

一応、ジェニットの存在を匂わせることには成功していて、ジェニットの宝石眼はまだ隠したままです。

クロードに直接がダメなら、アタナシアにジェニットを差し向けて、間接的に関与しようとしてくるのではないでしょうか。

『ある日、お姫様になってしまった件について』を1話から最新話まで無料で読む方法

ある日、お姫様になってしまった件についてを無料で読むなら無料期間中にポイントが使えるコミック.jpという電子書籍配信サービスがおすすめです。

会員登録後、すぐに1350ポイントが付与されるので、本来は有料作品のである『ある日、お姫様になってしまった件について』も無料で読むことができます。

AmazonKindleと比較した結果がこちら↓

ある日、お姫様になってしまった件について税込価格無料ポイント支払う金額(税込)
Amazon Kindle1,012円なし1,012円
コミック.jp1,012円1350円分0円

『ある日、お姫様になってしまった件について』は、コミック.jpなら0円で読めます。

複数巻お得に読みたい場合は、以下でご紹介する電子書籍配信サービスを検討されてください。

『ある日、お姫様になってしまった件について』を配信している電子書籍配信サービス

『ある日、お姫様になってしまった件について』を配信している電子書籍配信サービスは以下の通りです。

配信サービス配信状況特徴
※当サイト激推し!コミック.jp 1000コース30日間無料
1350ポイント付与
コミック.jp公式サイトへ
U-NEXT<ユーネクスト>※商品リンクあり31日間無料
アニメ・ドラマも充実

U-NEXT公式サイトへ
まんが王国×国内最大級の配信サービス
50%ポイントバック
マンガ王国公式サイトへ
7日間無料
読み放題サービス
コミックシーモア公式サイトへ
music.jp30日間無料
600ポイント付与
music.jp公式サイトへ
【電子書籍/コミックの品揃え世界最大級】ebookjapan(イーブックジャパン)無料マンガが豊富
3,000円割引クーポン
ebookjapan公式サイトへ
2週間無料
最大900ポイント付与
FOD公式サイトへ

上記表の中で「◎」のマークがついているサービスなら、『ある日、お姫様になってしまった件について』をどこでも読むことができます!

個人的には、コミック.jpがおすすめですが、U-NEXTやFODも無料会員登録だけでポイントをもらえます。

また、ebookjapanは、無料ポイントはもらえないものの、クーポンの種類が豊富なので、無料にこだわらない人はそちらも検討されてみてくださいね。

学園長
学園長

電子書籍サービスについておさらいしますね。

  1. 無料ポイントで読むなら
    >>> コミック.jpU-NEXTFODがお得!
  2. クーポンで安く購入したいなら
    >>> ebookjapanが安い!
  3. アニメやドラマ・映画も観たいなら
    >>> 無料期間が最も長いU-NEXTがおすすめ!

電子書籍配信サービスは世の中にたくさん存在しますので、ご自身に合ったサービスを選ぶと、今後のマンガライフも楽しくなりますよ♪

最後までお読みいただき、ありがとうございました!♪( ´▽`)

error:右クリックは禁止されています。
タイトルとURLをコピーしました